フィリピンへ その1


 プーケットから帰ってきて10日後。

クビにならないよう、

とりあえず4日働いてから、

またまた空港へ。

 

今度の行き先は、

フィリピンです。

 

2年4ヶ月振りのフィリピン、

今回は、

私が奥さんより1日早く出発するという、

変則的な旅行です。

 

私は手荷物だけのチケットを購入しました。

手荷物は最大7kgまでOKなので、

体にくくりつける様にして荷物を準備したら、

合計15kg近い荷物となってしまいました。

(いつものことですが)

 

今回利用するのは、

セブパシフィックです。

オンラインチェックインを済ませて、

スワンナプーム空港へ。

 

フィリピン行きのフライトは、

どのエアラインでも、

カウンターで長蛇の列ができますが、

今回もご多分に漏れず、

たくさんの人が群がっていました。

 

Web Check-in のカウンターの列は、

チェックインしていない人用のカウンターの半分位でした。

 

それでも、

Web Check-in 済の人向けには4つ、

Check-in していない人向けは2つのカウンターが割り当てられていました。

 Web Check-in を推奨する一環なのかもしれません。

 

あんなにフェイスブック大好きなフィリピン人が、

Web Check-in しないのは、

いつも不思議に思うのですが。。。

 

空路約3時間半の移動で、

マニラの空港、

ニノイアキノ国際空港に到着。

 

この空港は、

フィリピン航空専用ターミナルと、

それ以外の航空会社用の2ターミナル制でしたが、

しばらく前に、

セブパシフィック航空がメインの、

ターミナル3ができました。

 

ということで、

降り立ったのはターミナル3。

 

今はセブパシフィックだけでなく、

日系米系フィリピン航空も利用しているようです。

 

このターミナルで便利なのが、

市内行きのシャトルバスがあることです。

煩わしいタクシーの値段交渉なしで、

格安で市内に出られます。

 

ターミナルを出て右手に曲がり、

左手の横断歩道を渡って、

ターミナルの車道の島の部分を進んでいくと、

シャトルバス乗り場があります。


f:id:sawasdeekhrap:20180505152754j:image
f:id:sawasdeekhrap:20180505152852j:image

以前はブースがなくて、

車掌さんが手売りでチケットを売っており、

お釣りをごまかされそうになりましたが、

今ではその心配がなくなりました。

 

 年季が入った、

小型のバスに揺られて40分位で、

終点のTaft Rotonda(タフトロータリー)に着きました。

 

バスの車内の様子
f:id:sawasdeekhrap:20180516220252j:image

 

いよいよ、

フィリピン旅行の始まりです!

 

(続)