地雷と卵と夫婦の絆

「夫が怒りっぽくて、

そこで暮らす私は、

まるで、

地雷原を歩くようなもの」

 

ある読み物の中で出てきた、

1人の妻の経験談の一部です。

 

そういうシチュエーションって、

あってほしくはないですが、

なんとなくイメージできるといえば、

できるような気がします。

 

「地雷原を歩く」という言い回しは、

時々日本語でも使いますよね。

 

私が読んだのは、

英語から翻訳した日本語版のものだったので、

英語ではなんと言うのかなと思って、

原文を見てみました。

 

そうしたら、

「まるで、

卵の殻の上を歩くようなもの」

( like walking on eggshells )

となっていました。

 

なるほどねー

 

確かに、

卵の殻を壊さずに、

その上を歩くというのは、 

至難の業でしょうからね。

 

センシティブな状況が目に浮かぶ、

面白い表現だと思いました。

 

その英語を、

"地雷原を歩くようなもの" と訳したのも、

なかなかセンスがあるなと思いました。

 

歩く側の緊張感が、

よく伝わってきますよねー

 

翻訳って、

面白いですね。

 

意味を伝えるために、

時々混じってくる意訳の部分は、

特に翻訳者の努力や熱意を感じます。

 

ということで、

地雷原を歩くとか、

卵の殻の上を歩くのは、

避けたいですし、

相手にもそうさせたくないですので、

奥さんを大事にしたいと思います、ハイ。