ワクチン

 

タイでも、

コロナのワクチン接種が始まっています。

 

今週から、

外国人への接種も始まっています。

 

先週、

関係省庁から仕事場に連絡があったようで、

先方から、

接種の日付が割り当てられたようです。

 

割り当てられた日付は、

6月7日の月曜日。

 

事前の連絡がなく日付が決められたので、

会社側で仕事の休みを調整できず、

ワクチン接種を受けるのは、

タイ人スタッフと、

その日に休みを取っていた人だけでした。

 

その日に、

ワクチンを受けた日本人は8名。

 

そのうち、

なんと7人は、

副作用の発熱の為、

翌日は仕事を休みました。

 

1人は、

翌々日も欠勤しました。

 

スゴいですね、

ワクチンの副作用。

 

受けたワクチンは、

アストラゼネカ製だそうです。

 

タイは、

アストラゼネカのワクチンを製造できる会社があり、

タイで生産されたワクチンが使われています。

 

初期ロットなので、

不具合があったのか⁉

 

それとも、

ただ仕事を休みたいので、

言い訳として大げさに言っているのか⁉

 

ワクチンですから、

他の薬とは違って、

タイ仕様のため効力が強い、

なんてことはないですよね⁉

 

いずれにしても、

会社でワクチンが話題になった1週間でした。

 

ただ。

いくら突然の案内だったとしても、

行政府のはからいで、

無料でワクチンを受けられる機会に、

その日が休みの人だけにしか、

接種の機会を差し伸べないという

会社の対応に、

不信感が募っているのは事実です。

 

他人事というか、

会社の利益が優先というか、

コロナの恐ろしさを理解していないというか…

 

一人でも感染者が会社内で出て、

事務所が閉鎖されてしまったら、

そっちの方がかなり問題だと思うのですが。

 

なーんて、

会社に期待するのが間違っているんですよね。

 

自分の体は、

自分で守る。

 

危機管理は、

これが鉄則ですね。