うれしいメール

メールを開けると、

妻からのメールが来ていました。

 

件名は、

 

「(妻の名前) love (私の名前)」

 

英語的には、

"loves"

になるべきなのでしょうが、

まあそこはお愛嬌。

 

まるで、

恋人同士が若気の至りで送ってしまうメールみたいですね。

 

ちょっぴり気恥ずかしいですが、

やっぱりうれしいものですね。

 

私たちは、

特段クリスマスを祝う習慣はないのですが、

やはり24日の夜は、

人を甘くする力があるようです。

(良いのか悪いのか…)

 

ということで、

普段はニュースやら値引きクーポンのメールが多い中、

ひさしぶりにほっこりするメールが来ました。

 

さてさて、

なんと返信しましょうかね。。。