Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

お見舞いの手紙

日本のあれこれ 日本のあれこれ-出来事

 

友人が家族を亡くし、

そのお知らせの手紙が届きました。

 

といっても、

その手紙が来たのは、

6月の半ばでした。

 

その友人には、

私が神奈川に引っ越してくる前に、

とても良くして頂いた方でした。

 

さらに、

その家族は突然に病気が分かり、

その診断を受けてから3ヶ月もしないで亡くなりました。

 

お見舞いにも葬式にも行けず、

とても心苦しく思っていた中で、

何とか手紙の返事を書こうと思っていたのですが、

なかなかペンを取る気になれず、

今になってようやっと返事をしたためることが出来ました。

 

本当に…

心が弱いですね。

 

何をさておいても、

こういう手紙には返事を書かなければならないはずなのですが。

 

とにもかくにも、

何とか書き上げることができ、

心の荷が下りたような気がします。

 

しかし。。。

そんなに突然に、

家族に先立たれてしまう人の心中はいかほどか…

 

死を理解するというのは、

私たち人間には不可能なことなのでしょうね。

 

いずれにしても、

返事がこれほど遅れてしまった恥をわきまえねばなりません。

 

申し訳ありませんでした。