被曝

 

被曝。

とても重い響きのある言葉です。

量の度合いはそれぞれかもしれませんが、

原子力発電所がある福島県はもちろん、

ここ関東地方でも、

その危険性が現実化しつつあるような雰囲気があります。

 

入ってくる情報をじっくり考えてみると、

やはり、

福島から放出されている放射線を、

じんわりと浴びているんでしょうね。

 

ま、

みんなでラジウム温泉に入っている感じ、

といったところでしょうか。

 

少しずつ、

事の重大性が明らかになっているという感じが、

どうしてもぬぐい去れません。

 

もちろん、

政府やマスコミは、

世論や大衆をうまい具合に統制する必要があるのでしょう。

パニックを防ぎたいという思いもあるでしょうし。

 

ただ、

2,3日後、

一週間後、

そして一ヶ月後に、

この週末の一連の報道を振り返った時に、

どう思うのか?

 

外国人が次々と母国に帰っていること、

地震直後の原発のニュースで聞いていた放射線量が、

今となっては少なく感じられるようになったこと。

 

やはり、正直不安ですね。

 

10万人単位の避難している人への救援が、

想像以上に難航しそうなことも、

問題になっています。

 

辛抱強い東北の人たちだから、

今は何とか持ちこたえています。

 

ただ、

雪が降るような天気の中、

愛する家族を亡くした高齢者の人たちが、

持病の薬を持ち出す余裕もなく避難所に転がり込んできて、

薄い毛布にくるまって助けを待っている。

 

本当に、大災害です。

 

被災された方の心が折れないことを願うばかりです。

 

 

 

 

文部科学省:都道府県別環境放射能水準調査結果

http://www.mext.go.jp/component/a_menu/other/detail/__icsFiles/afieldfile/2011/03/18/1303724_11.pdf