Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

コカ・コーラ

日記 日記-街角の風景

 

昼下がりに街を歩いていると、

コカ・コーラを手にした親子を見かけました。

 

しかも、

小さな瓶に入ったコカ・コーラでした。

 

「おいしそうだなー」

 

そう思ってすれ違いました。

 

その後、

同じコカ・コーラを持っている人を見かけました。

 

「まあ、暑いからねー」

 

最初はそう思ったのですが、

そのうちに、

同じ瓶入りのコカ・コーラを持っている人と、

次々とすれ違うようになりました。

 

ん、これは?

もしかして?

 

サンプルを配っているじゃないですか?

 

と思ってもうしばらく歩いていくと、

ショッピングモールの近くで、

やってましたー

f:id:sawasdeekhrap:20160409203949j:plain

 

これが、

ちょっと面白い形で、

サンプルを配っていました。

 

まず、

声をかけて、

栓がついたままのコーラの瓶を渡します。

f:id:sawasdeekhrap:20160409203943j:plain

 

そして、

次に声をかけた人に、

栓抜きを渡します。

f:id:sawasdeekhrap:20160409204023j:plain

 

栓抜きを受け取った人は、

栓がついたままのコーラを持っている人の、

栓を開けてあげます。

f:id:sawasdeekhrap:20160409204110j:plain

f:id:sawasdeekhrap:20160409204111j:plain

f:id:sawasdeekhrap:20160409204100j:plain

 

 

人が群がってくると、

まず他の人の栓を抜いてあげて、

その後、

自分のコーラを他の人にあけてもらって、

ようやく自分のコーラを飲める、

という流れになっていきます。

 

うまいことを考えましたよねー

 

「コーラを飲みたい」と思ったら、

まず他の人の栓を開けてあげる。

 

そうすると、

その人が喜んでおいしそうにコーラを飲む様子が印象に残ります。

 

さらに、

「栓を開ける」という作業をすることで、

 

「コカ・コーラ」=「懐かしい瓶入りの正統派」

 

というイメージが残ります。

 

さらに、

「栓を開けてあげる」という行為を通して、

コーラを他の人に勧める一環に参加させることができます。

 

その後、

「栓をあけてもらう」という経験を通して、

コーラと人の優しさを、

巧みに結びつけています。

 

よく考えましたねー

 

暑さも手伝って、

コーラが飛ぶように配られていきました。

f:id:sawasdeekhrap:20160409205638j:plain

 

わたしは、

のどが渇いていたので、

2回いただきました(笑)

 

ごちそうさまでしたー

f:id:sawasdeekhrap:20160409203115j:plain