Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

銀行へ

日記 日記-暮らし

 

最初のお給料が、
銀行に振り込まれる日になったので、
早速引き出してみました。

職場へ行く途中に、
銀行の支店を発見。

f:id:sawasdeekhrap:20150925192846j:plain


 
銀行の外には、
3種類の機械があります。

通帳の記帳は、
真ん中の機械ですね。

f:id:sawasdeekhrap:20150925192859j:plain


 
こんな感じで、
通帳を差し込むと、
印字されて出てきます。

f:id:sawasdeekhrap:20150925192910j:plain


 
入金を確認できたので、
早速中へ。

まずは、
日本と同じように、
番号札を引きます。

f:id:sawasdeekhrap:20150925192921j:plain


 
私は126番。
次に呼ばれるのが114番のようですので、
12人待ちということでしょう。

カウンターはこんな感じでした。

f:id:sawasdeekhrap:20150925192937j:plain


 
預金を引き出すための用紙を記入します。

f:id:sawasdeekhrap:20150925192949j:plain


 
上手く記入が出来なかった時のために、
こんなものを準備しました。

f:id:sawasdeekhrap:20150925193003j:plain


 「10,500バーツ 下ろしてください」
初めて自分で書いた、
タイ語ですね。

とりあえず、
分かる部分だけ用紙の欄を埋めて、
受付のお姉さんに渡しました。

f:id:sawasdeekhrap:20150925193016j:plain


 
どうやら、
何をしたいかは理解してもらえたようです。

私のタイ語は、
陽の目を見ず。。。

ただ、
私が書いた用紙は、
目の前で破り捨てられました。

そして、
同じ用紙を渡され、
2か所にサインするように言われました。

さらに、
パスポートの提示を求められ、
手渡すと、
その行員さんは、
パスポートを持って奥へ行ってしまいました。

そして、
コピーを片手に帰ってきました。

そのコピーを、
引き出すための用紙にホチキスで留めて、
手続き終了。

おもむろに、
カウンターにある引き出しを開けて、
そこにある現金の中から、
渡してくれました。

おー

けっこう、
予想外の事もありましたが、
10分くらいで手続きが終わりました。

年会費と、
カード発行手数料をケチって、
パスブックだけの口座を開きましたが、
それほど待たされず、
良かったです。

さ、
この10,000バーツで、
1ヶ月生活できるでしょうか?