ビザの申請

結婚後、

妻の日本滞在が3年を過ぎたので、

永住許可のビザを申請できる資格を得ました。

 

ということで、

入国管理局に行って、

申請をしてきました。

 

そうしたら、

イミグレーションから手紙が来て、

追加の書類の提出を求められました。

 

どうやら、

妻の在職証明書を添付してほしいとのことでした。

 

うーん。

やっぱり来ましたか。

 

昨年、

妻はいくらかの収入があったので、

その収入を証明する書類として、

課税証明書を提出しました。

 

ところが、

働いていたお弁当屋さんは、

震災(計画停電)を言い訳に工場が閉鎖になり、

妻は解雇となりました。

 

その後始めた、

外国語講座の講師の仕事は、

ボランティアという立場で働いています。

 

講座を開いている財団法人に、

電話して確認してみたところ、

正式な雇用契約がないため、

いわゆる「在職証明書」は、

発行できないとのことでした。

 

収入はわずかながらあるものの、

職には就いていないという状況なんですね。

 

やはり、

これでは、

永住許可は出ないかもしれませんね。

 

それで、

とりあえず、

源泉徴収票を再発行してもらいました。

 

この書類には、

支払い者の名前が入っていますので、

正式な雇用関係ではないものの、

ちゃんとした方法で収入を得ている証明に、

なればいいなー という感じです。

 

まあ、

日本に来てまだ3年だし、

子供もいないし、

身元保証人の私に、

すごい収入があるわけでもないので、

永住許可は、

すぐにはおりないのでしょうが。

 

とりあえず、

やるだけのことはやって、

後は結果を待ちたいと思います。

 

結果が出るのは、

半年~1年後だそうです。

 

こんなに時間がかかるって、

どんな審査をするんでしょうねー