Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

やや沈静化?

日本のあれこれ 日本のあれこれ-東日本大震災

 

今日も何件かドラッグストアやスーパーを回りました。

これまでは全く見かけなかったモノが、

だんだん街に戻ってきているようです。

 

開店して1時間ほど経ったあるドラッグストアでは、

カセットコンロ用のガスボンベがありました。

別のドラッグストアでは、

ペットボトル入りの水やカップラーメン、単3電池もありました。

お昼過ぎに行ったホームセンターでは、

カセットコンロが売っていたのにびっくり。

少しずつ物流が正常化してきているのかもしれません。

 

というか、

買いだめしたい人は一通り買い終わった、

という可能性が大きい気がします。

 

本当に、

買いだめはやめてほしい。

 

一つの実例を挙げます。

私の知り合いの家族の家には、

ガスコンロがありません。

煮炊きはすべてカセットコンロでしています。

なぜなら、その方がガス代が安く済むとのこと。

彼の話によると、

カセットボンベ1本で、

約2日持つそうです。

カセットコンロは100円ショップでも売っていますから、

一か月に使う調理のためのガス代は、

15本×105円=1,575円。

(シャワーのためのガス代は別)

 

生活が厳しい人は、

まず生活のための初期投資を抑えたい(というか本当にお金がない)ので、

海外からの留学生や、

本当に切り詰めた生活をしている人の中には、

こういう人もいるのです。

 

そういう人たちにとっては、

ガスボンベは、いわばライフラインの一つ。

毎日毎日使うわけです。

 

非常用として購入する人が、

一度にたくさん買ってしまうと、どうなるか。

その人たちの物置には、

使われないままたくさんのガスボンベが眠ることになり、

毎日の生活で使っている人は、

どこのお店を探しても見つからない…

ということになっていまいます。

 

もちろん、

普通のガスコンロを買わないという時点で、

こういうことのリスクを背負っていることになるわけですが、

それにしても、

一部の人のパニック的な買い物によって、

いわゆる社会弱者の人にしわ寄せが行ってしまうというのは、

何とも残念な話です。

 

ということで、

こんなところにも大地震と津波の影響が及んでいます。

 

もちろん、

被災地の皆さんの生活と比べれば小さな話ですが…