恥ずかしい

会社の上司から、

電話がかかってきました。

 

用件は、

駅の近くの、

とある場所を説明してほしいとのことです。

 

すぐにその場所が分かったので、

声も高らかに、

電話口で説明しました。

 

「ああ、それはですね、

新幹線の下の駐輪場にありますよ」

 

上司は、

驚いた声で反応しました。

 

「新幹線!?」

 

その駅には、

新幹線は止まりません。

 

その線路すらありません。

 

私が言いたかったのは、

「電車の高架下にある駐輪場」

でした。

 

私は田舎育ちな者で、

私が育った所では、

電車は、

普通地べたを走っていました。

 

いわゆる、

コンクリート製の、

あのごつい高架を走るのは、

新幹線しかありませんでした。

 

しかも、

私の地元に、

新幹線が開通したのは、

私が小学生の時。

 

ですから、

新幹線の高架をつくる工事の様子を、

覚えていました。

 

あんなすごい高架が、

東京からずっと伸びてきているんだなと思うと、

子供心にも、

新幹線ってすごいと、

感動したわけです。

 

ですから、

私のイメージでは、

 

高架=新幹線

 

なんですねー(笑)

 

上司には、

あわてて訂正し、

新幹線じゃなくて、

京急の高架橋でしたと伝えました。

 

電話の最後に、

高架を見るとついつい新幹線だと思ってしまうという話をすると、

さすがに彼も苦笑い。

 

都会に行くと、

電車は、

地下か、

高架を走っていますもんねー

 

いまだに地べたを走っていて、

開かずの踏切とかがあると、

「なんで高架にしないんだろう‥」

と思うときがあるくせに、

電話などのとっさの時には、

相変わらず、

高架=新幹線

になってしまう私。

 

恥ずかしいー