チャオプラヤの渡し船

 

久しぶりに、

チャオプラヤ川の渡し船を利用しました。

 

料金は片道2.5バーツ。

橋をかけるよりは安いんでしょう。

 

川の東岸から乗りました。

シープラヤ乗り場です。

f:id:sawasdeekhrap:20160712084522j:plain

 

私が乗りこんだ時はあまり人がいませんでしたが、

出港前となるとかなり増えてきました。

f:id:sawasdeekhrap:20160712084504j:plain

f:id:sawasdeekhrap:20160712084549j:plain

 

ホテルのたもとに乗り場があります。

 

岸を離れて乗り場を見たところ

f:id:sawasdeekhrap:20160712084639j:plain

 

"航海"中にすれ違った、

向こう岸から出港した渡し船

f:id:sawasdeekhrap:20160712151949j:plain

 

川は物流の要のひとつであり続けています

f:id:sawasdeekhrap:20160712084533j:plain

 

CATタワーがキレイに見えました

f:id:sawasdeekhrap:20160712084600j:plain

 

そんなこんなで、

2,3分のクルーズも終わりが近づきました。

f:id:sawasdeekhrap:20160712151804j:plain

f:id:sawasdeekhrap:20160712151815j:plain

 

川の渡ると、

船着場から道路までの間は市場になっています。

f:id:sawasdeekhrap:20160712084705j:plain

f:id:sawasdeekhrap:20160712084729j:plain

 

市場の1番はじっこ、

表通りからは1番最初のお店は、

お寿司屋さんでした。

f:id:sawasdeekhrap:20160712084750j:plain

f:id:sawasdeekhrap:20160712084741j:plain

 

まだまだ大切な交通機関として利用されている渡し船、

利用者のための市場も進化が続いていて、

たくましく生きる街の息遣いが聞こえてくるようでした。