違い

加工乳と、

乳飲料の違い。

 

私はそれほど気にせず、

加工乳を買ったり、

乳飲料を買ったりしています。

 

つまり、

本当の牛乳か、

いわゆる低脂肪乳か、

その違いだけを見分けて、

(まあ値段を見れば分かりますが)

いろんな種類の低脂肪乳を買っていました。

 

しかし、

妻がこんなことを言いました。

 

「青いパックのやつよりも、

ピンクのパックの方がおいしい」

 

ほーぅ。

 

低脂肪乳に、

あまり味を求めていなかったので、

味の違いは気にしたことがありませんでした。

 

基本的に、

カフェオレというか、

コーヒー牛乳にして飲んでいるので、

本当の牛乳以外は、

 

「どれも大しておいしくない牛乳」

 

というくくりでした。

 

ということで、

2つの牛乳パックに書いてある、

成分表示の比べてみました。

 

そうしたら、

ピンクのパックは、

「加工乳」 で、

青いパックは、

「乳飲料」 でした。

 

ピンクのパックは、

「無脂乳固形分 8.0% 乳脂肪分 0.8%」

青いパックは、

「無脂乳固形分 8.0% 乳脂肪分 0.7%」

 

ほー

乳脂肪分 0.1%の違いが分かりましたか。

 

もしかしたら、

青いパックに添加されている、

ビタミンDの味を感じたのかも。

 

どうしても、

青いパックの牛乳を売っているお店は、

クレジットカードを使えるので、

そっちでたくさん買っちゃうんですよね。

 

これからは、

ピンクのパックの牛乳を、

大目に買うようにします。

 

<script type="text/javascript"><!--
google_ad_client = "ca-pub-3060705902392148";
/* bananacue */
google_ad_slot = "6127361823";
google_ad_width = 728;
google_ad_height = 90;
//-->
</script>
<script type="text/javascript"
src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js">
</script>