そして妻は旅立った…

昨夜は、

午前1時頃まで、

がさがさと荷造りをしていました。

 

そして、

今朝は4時に起床。

朝ごはんを食べて、

(ちゃんと食べれるから不思議)

4時45分頃自宅を出ました。

 

私の住む町からは、

成田空港行きのバスが出ています。

その最初の便に乗れば、

妻の乗る飛行機には間に合うのですが、

やはり空港まで送ってほしいということでしたので、

お仕事はお休みを頂き、

空港まで送ってきました。

 

横浜町田ICから東名に乗り、

首都高を抜け、

京葉道路から東関道へ。

 

この時間だと、

首都高も渋滞なしで、

スムーズに走れます。

 

一直線に伸びる7号小松川線から見る日の出は、

きれいでした。

 

もう、

成田への往復の道は覚えましたね。

 

今年は成田空港まで5往復してますから。

 

しかし、

今回の妻の帰国は、

想定外でした。

 

とりあえず、

実家に帰れば、

向こうの家族への慰めになるでしょう。

 

妻は、

4姉妹の長女なので、

家族の中ではちょっとしたリーダー的存在です。

 

今回夫を亡くしたのは、

小さいときからよく面倒を見ていた、

一番下の妹です。

 

妻の顔を見れば、

少しは悲しみを和らげてあげられるのでは。

 

2人でいっぱい泣いて、

彼との思い出話をたくさんして、

とにかく、

心の中にある悲しみや喪失感や自分を責めるような気持ちなど、

全部全部吐き出させることができれば、

それが妻にできる最善のことでしょう。

 

2週間の滞在で、

どれだけのことができるか分かりませんが、

悲しみに暮れる人たちのそばにいてあげるだけでも、

価値のあることですからね。

 

ここは1つ、

妻の first born としての働きに期待したいと思います。

 

…本当は私も行ったほうがいいんでしょうけれどね。