ジブリの法則

今日付けの、

とあるメールマガジンに、

こんなことが書かれていました。

 

(以下引用)

 

「ジブリの法則」とは、スタジオジブリの作品が「金曜ロードショー」

(日本テレビ系列)で放映されると、金曜日の株式市場や為替市場が

荒れる傾向にある、というアノマリー。

2008年以降では5回放映された内4回が毎月第1金曜日に発表される

米国雇用統計に重なり、雇用統計の市場予想が外れたことで、

ドル・円は平均1.72円変動している。


《放送日:金曜日》 《変動幅》      《雇用統計予想》《実際の数字》
・2008年6月6日  1.44円(104.91円←106.35円) 5.1%/-5.8万人 5.5%/-4.9万人
・2008年7月11日 1.64円(105.66円←107.30円)
                                    ※米政府系住宅金融機関懸念でドル安
・2008年10月3日 1.67円(104.48円⇒106.15円) -10.0万人  -15.9万人
                                          ※金融安定化法案可決でドル高
・2009年6月5日  2.38円(96.52円⇒98.90円)  -52.0万人  -34.5万人
・2010年1月8日  1.51円(92.27円←93.78円)  変わらず   -8.5万人


米国の雇用統計以外の要因として、

米政府系住宅金融機関への懸念を嫌気したドル下落、

米金融安定化法案の可決の好感したドル上昇などもある。


本日の金曜ロードショーでは「天空の城ラピュタ」、

来週12月16日は「借りぐらしのアリエッティ」が放映予定となっており、

警戒すべきか。

 

(引用はここまで)

 

まず、

こういうことに気が付く人って、

すごいですよねー

 

そして、

本気で相場をやっている人たちは、

こういうことにも関心を払っている(?)というのも、

またすごいですねー

 

(ちなみに11月の米国雇用統計は先週の火曜日に発表済)

 

まあ、

魑魅魍魎のうろつく相場の世界で働く人にとっては、

こういう、

一服の清涼剤のようなネタが、

必要なのかもしれませんが。

 

今晩ラピュタをご覧になる皆さん。

 

くれぐれも、

変な呪文を唱えないように(笑)

 

ギリシャの人たちを、

これ以上いじめないでねー