スターフライヤー

大阪からの帰りは、

生意気に、

飛行機に乗りました。

 

国内線の飛行機に乗るのは、

かなり久しぶりです。

 

大阪に住んでいる時に、

秋田に遊びに行った時以来かな?

 

今回乗ったのは、

関空発羽田行の、

スターフライヤーです。

 

ジェットスターの、

成田行きの方が安いのですが、

成田から帰ってくるのが、

ちょっと遠くて、

高い。

 

東京・千葉・埼玉在住の方には、

成田はそれほど遠くないかもしれませんが、

神奈川からだと、

ちょっと遠いんですよねー

 

関東に帰ってきてから、

直行で群馬の両親のところに帰省する予定でしたので、

今回は、

スターフライヤー便をチョイスしました。

 

「顧客満足度調査国内交通長距離部門 3年連続1位」

「国内航空業界では調査開始以来4年連続1位」

 

という、

高い評価が売りのスターフライヤー。

 

噂のフライトを体験してみると、

さすがにそれだけのことはあるかなという感じがしました。

 

まず、

シートのピッチが広い。

 

これまで乗った飛行機の中で、

一番広いですね。

(エコノミークラスしか乗ったことがありませんが)

 

狭いシートピッチに慣れている私にとって、

昨晩夜行バス4列シートで一晩過ごした私にとって、

これは快適でした。

 

というか、

若干広すぎて、

空間をもてあそんでしまう雰囲気すら感じます。

 

シート自体は、

ジェットスターなどと同じ、

革張りのシートです。

 

漆黒のシートが並んだ機内は、

高級感すら漂います。

 

私が座ったのは、

非常口に近い席で、

リクライニングしないシートだったのですが、

1時間ちょっとのフライトでしたし、

専用のクッションもあったので、

特に疲れることはありませんでした。

 

どの席にも、

タッチパネル式のモニターがあり、

音楽は8チャンネル、

ビデオは12チャンネルあって、

退屈させないサービスになっていました。

 

国内線なのに、

無料のドリンクサービスがあり、

しかも、

コーヒーはタリーズで、

チョコレートが付いてきます。

 

すごいですよねー

 

これで、

JAL とか ANA より安いんですから、

ちょっと不思議です。

 

機内誌を読むと、

この航空会社は、

「ハイブリッド・エアライン」

を目指しているとのこと。

 

LCCのように、

ただ安いわけではなく、

しっかりしたサービスを行なったうえで、

リーズナブルな料金を提供していくようです。

 

いいところを狙ってますよね。

 

LCCは、

安いことは安いのですが、

今はどの会社もコスト意識が高まっていて、

値段の競争は激しくなっています。

 

ちょっとコストはかかっても、

そのコスト以上の利便性や快適度が上がるなら、

それを積極的に採用するエアラインがあっても、

いいと思うんですよね。

 

小さい会社ならではできる、

かゆいところに手が届く経営、

そんなサービス重視のエアラインは、

これからも伸びていくでしょうね。

 

また乗ってみたいな、

そう心から思える、

素敵なフライトでした。

 

新幹線より、

500円ほど高かったですが、

十分元は取れた気がします。

 

これからも、

就航先が増えるといいですねー

 

 

 

 

 

 

 

スターフライヤー

http://www.starflyer.jp/index.html

「顧客満足度指数調査 国内交通長距離部門3年連続1位」

http://response.jp/article/2012/12/03/186250.html

「LCC やめます」

http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=53345

"Fly Team review"

http://flyteam.jp/airline/starflyer/reviews