町内会の清掃

私は団地に住んでいるのですが、

毎週第三日曜日に、

町内会の清掃があります。

 

朝の8時半から約30分、

各戸から一人ずつが出て、

団地の周りや近くの公園集会所などを掃除します。

 

いまどきこういう仕組みが続いているっていうのは、

すごいなーと思います。

 

この団地は、

市内で最も高齢化が進んでいる地区で、

住んでいる人の実に三分の一以上が60歳以上。

 

ですから、

お掃除に出てくる人も、

みんなおじいさんおばあさんが中心です。

 

でも。

みんなとても張り切っているんですよ。

意気揚々とお掃除をしています。

 

そして、

顔のなじみの人が多いようで、

ニコニコしながら話に盛り上がっている人もいます。

 

今の時点で、

60歳以上の人が三分の一以上ということは、

10年後は、

70歳以上の人が三分の一になるということですよね。

 

果たしてその時、

このお掃除のシステムはどうなるのか?

 

それ以前に、

5階建ての団地でそれだけ高齢化が進むということは、

想定されていたことなんでしょうか?

 

こういうことが、

日本中で進行しているんでしょうね。

 

すごい時代です。