2回目のプーケット 4

 

初回から約2ヶ月後の、

プーケット訪問でしたが、

その間に、

プレグループ内で良い変化が見られ、

とても励まされました。

 

奉仕で近くまで行ったので、

前回研究司会を依頼された所に行ってみると、

もう誰も住んでいない様子でした。

 

 司会者に聞いてみると、

仕事仲間同士で同棲していたそのカップルは、

引っ越ししてそれぞれ別々に部屋を借りるようになったそうです。

 

彼らは、

前回は日曜日の集会だけ出席していましたが、

今回は週中の夜の集会にも出席していました。

仕事はミュージシャンなのですが、

仕事を掛け持ちしている中で、

最初の仕事が終わってから集会に来て、

集会の後に次の仕事に行くとのことでした。

二人とも注解に参加していて、

意欲的な様子が伝わってきました。

 

前回の最初の日曜日に集会に来ていた、

不活発な姉妹は、

バンコクで開かれた巡回大会に出席しました。

その時に、

妻といろいろ話をしており、

親しくなったので、

教えてもらった仕事場のホテルを訪問してみました。

 

姉妹は私たちを大変歓迎してくれ、

いい訪問になりました。

 

区域にいる不活発な兄弟たちを強めるというのも、

外国語会衆の大切な働きだと感じました。

 

今回は、

区域の様子もいくらかよく分かったことがあります。

 

前回は、

4月のソンクラーンの時期だったので、

観光客が多く、

ホテルで働くフィリピン人たちも 忙しそうでした。

 

ただ今回は、

雨季が始まっており、

オフシーズンになったので、

観光業は閑散期になっていました。

 

そうなると、

やや安いクラスのホテルで働くフィリピン人は、

レイオフになってしまう人もいるようです。

 

そうなると、

日中でも家にいる人が増えますので、

奉仕するには"繁忙期"になります。

 

うーん、

プーケットに来る度に、

会衆や区域の魅力が見えてきますね。

 

バンコクの生活も5年目に入り、

いろいろなオプションを考え始める時期なのかもしれません。。。

 

 

野外奉仕のための集まり後の様子
f:id:sawasdeekhrap:20180703154835j:image

 奉仕中の小休憩@セブンイレブン
f:id:sawasdeekhrap:20180703154926j:image