Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

教えるという仕事

 

妻が、

ボランティアで日本人にある外国語を教えています。

 

明日もその講座があるのですが、

その準備に私も借り出されています。

 

日本人に分かりやすい説明や、

覚えやすい例文を考えたり、

それを日本語に訳したり…と、

なかなか大変です。

 

辞書を開いたり、

複数の参考書を読んだり、

ネット上でよい翻訳例を探したり。

 

やはり、

人に何かを教えるというのは、

簡単なことではないですね。

 

大切なことを理解してもらうためには、

学ぶ人がイメージしやすいように教える必要があります。

 

ただ、

日本人にとって分かりやすいことが、

教える側の外国人にとって分かりやすいとは限らないんですよね。

 

最近はじめたばかりなので、

まだまだ不慣れなことが多く、

一つ一つ手探りで講座を作っている状態です。

 

基本的なことを一通り教えられるような教材を、

自分で作ってしまえば、

後はそれを繰り返していけばよいだけなのですが。

 

しばらくは、

カリキュラム作りとそのブラッシュアップに、

悪戦苦闘しそうです。