オーバー ブッキング

 

話には聞いていました。

 

航空会社は、

出発直前のキャンセルや、

ノーショーを見込んで、

座席数より多めに航空券を販売し、

その結果、

乗り切れない乗客が発生するという、

オーバーブッキング。

 

それが、

身近なところで起きました。

 
f:id:sawasdeekhrap:20181013010447j:image
f:id:sawasdeekhrap:20181013010505j:image

 

3週間弱の予定で、

義理の妹と、

その友人が遊びに来ていました。

 

帰りに、

スワンナプーム空港で、

カウンターでチェックインをしようとしたら、

その便で、

オーバーブッキングが発生していました。

 

係員の説明ですと、

90% のオーバーブッキングが出ているとのことでした。

 

この時期は、

タイの学校が休暇の時期なので、

普段よりキャンセルする人が少ないせいもあると思いますが。

 

いずれにしても、

航空会社は、

席の倍近くチケットを売っていたということなのでしょうか?

 

何に対しての90% なのか、

定かではないところもあり、

そもそも、

こういう数字を乗客に言っていいのか、

という素朴な疑問がありますが、

いずれにしても、

かなりの人が乗れないようです。

 

義妹たちは、

かなり早めに空港に到着していたので、

乗るか、

譲るか、

選べる状況でした。

 

友人は、

スケジュール通りの便で帰国を選択。

 

義妹は、

譲って別の便を選びました。

 

選択したのは、

5ヶ月後のフライトです。

 

5ヶ月後!?

 

こちらが新しい予約の証明書


f:id:sawasdeekhrap:20181013013005j:image
f:id:sawasdeekhrap:20181013013019j:image

こちらに家族がいるからこそ、

なせる業ですよね。

 

一般的な観光客には、

考えも及ばない選択です。

 

航空会社からは、

明日以降、

1年間の期間でのリブッキングの提示がありました。

 

ということで、

彼女の滞在は、

何の手数料も発生せずに、

もう5ヶ月間延長できることになりました。

 

これは、

何を意味するのか?

 

今後の展開に注目です。

 

 

というか、

この狭い家で、

いつまで3人暮らしが続くのか!?

 

あまり熟睡できない日々に、

私はいつまで耐えられるのか?

 

ここまで現地化した生き方で、

私は自分を見失うことなく生きていけるのか?

 

言語の関係で、

妻と義妹の会話は、

私にはほとんど分かりません。

 

それでも、

こんなカオスの中で、

「まあ、なんとかなるだろう」

という気持ちがしているのは、

なぜなんでしょうか!?!?