ノンカーイへ 1

 

1年半ぶりに、

ノンカーイに行ってきました。

 

前回は、

行きは寝台列車、

帰りは夜行バスでしたので、

今回は、

別の方法で行くことにしました。

 

昼間走る、

3等車の電車です。

 

列車番号75番のディーゼル特急、

フワランポーン駅8:20発です。

 

f:id:sawasdeekhrap:20200215224228j:plain

f:id:sawasdeekhrap:20200215224412j:plain

f:id:sawasdeekhrap:20200215224556j:plain

f:id:sawasdeekhrap:20200215224734j:plain

 

3連休の初日の土曜日ということもあり、

網棚には大きな荷物がたくさん置かれていました。

 

f:id:sawasdeekhrap:20200215224937j:plain

 

車窓からの眺めは、

タイの田舎の風景が続きます。

 

湖のそばを通ったり、

岩山が見えたり、

牧場があったり、

という景色も楽しめます。

 

f:id:sawasdeekhrap:20200215225341j:plain

f:id:sawasdeekhrap:20200215225725j:plain

f:id:sawasdeekhrap:20200215230042j:plain

 

畑や線路沿いの土地は、

焼かれているところがあり、

田舎なのにPM2.5の数値が高いところがある

理由が分かりました。

 

日中走る電車のいいところは、

食べ物やお土産を売る売り子さんが来ることです。

 

小腹がすいたので、

トウモロコシを買いました。

モチモチ感があり、

しかも甘くておいしかったてす。

 

f:id:sawasdeekhrap:20200215230233j:plain

 

定刻を少し過ぎて、

午後6時を回った頃に、

無事ノンカーイに到着しました。

 

f:id:sawasdeekhrap:20200215230417j:plain

 

この電車は、

折り返し16:30発バンコク行となり、

慌ただしくホームを去っていきました。

 

電車は機械なので、

疲れることはないのでしょうが、

しっかりと休まず走り続けるんですね。

 

ということで、

約10時間の列車の旅は、

つつがなく終了。

 

寝台列車と比べると、

とにかく安く移動できるというメリットがあります。

1人253バーツ(約890円)ですからね。

約600kmをこの値段で移動できるという、

抜群のコストパフォーマンス。

 

欠点は、

ディーゼルカーなので、

騒音や振動がやや強めなことでしょうか。

 

私の席は、

エンジンのある場所に比較的近かった、

ということもありますが。

 

たた、

座席の番号から、

エンジンに近いかどうかを見分けるほどに、

電車に詳しくありませんし、

席を変えてもらうほど、

タイ語の能力はありませんので、

これはこれで、

ローカル線の旅の醍醐味ということで、

良しとしましょう。

(ローカル線じゃないかも)

 

乗車時間の役10時間は、

思ったより早く過ぎました。

 

まだ涼しい時期だったということも、

楽しく移動できた理由かもしれません。

 

あ、

スマホやタブレットの充電忘れには、

くれぐれもご注意を。

 

乗車時間が、

倍以上に感じられる可能性があります(笑)