狂犬病ワクチン

 

狂犬病は、

タイでは比較的身近な病気のようですので、

近所のクリニックへ行くことにしました。

 

妻の場合は、

ガブリと噛まれたわけではないので、

WHOが示すカテゴリーⅡになるようです。

 

その場合は、

まず24時間以内に1回目、

その後、

計5回に分けてワクチン接種が必要のようです。

 

妻は、

クリニックで、

こんなカードをもらってきました。

f:id:sawasdeekhrap:20190707213602j:image
f:id:sawasdeekhrap:20190707213629j:image

次にいつ注射を打つかがよく分かります。

 

気になるお代は…

690バーツでした。

 

うーん

以外に高いな。

 

バンコクの最低賃金は、

325バーツですからね。

 

プロモーションだと、

プーケットまでの片道航空券が、

500バーツで買えますし。

 

それを5セットですか。。。

 

私の、

雀の涙のボーナスが。。。

 

もちろん、

妻の命には代えられませんが。

 

引っ掻かれたところが化膿しないように、

抗生物質も飲みます。
f:id:sawasdeekhrap:20190707213815j:image
f:id:sawasdeekhrap:20190707213839j:image

日本だったら、

ピンクが必ず左側…

というふうにパッケージすると思いますが、

まあ細かいことは気にしない。

 

この抗生物質ですが、

クリニックでは処方してもらえませんでした。

 

というか、

クリニックの方で、

ここで買うと処方箋を書くことになって、

高くなるから、

外の薬局で買いなさいと言われたそうです。

 

うーん

この辺がローカルですよねー

 

1日3回、

6日分の抗生物質は、

近くの薬局で90バーツ(約300円)でした。

 

これは安いですねー

 

同じクリニックに、

指定された3日後に、

2回目のワクチンに行きました。

 

料金は、

やはり690バーツ。

 

1回目は、

初診料などがあるから高いのかと思いましたが、

そういうものはないんですねー

 

このまま、

あと3回ワクチンを接種すると、

かなり家計を圧迫します(切実)。

 

それで、

3回目からは、

安くワクチンを接種できるという、

赤十字内のスネークセンターに行ってみました。

 

先ほどのカードを見せると、

残りの同じ薬を使ってもらえるとのことでした。

 

お値段は…


f:id:sawasdeekhrap:20190707213910j:image
f:id:sawasdeekhrap:20190707214020j:image

初回のみサービス料50B+ID 発行料20B、
ワクチン代は350B でした。

 

驚異の63%引き!

 

本当に、

値段というのは一体何なのか、

という資本主義の根幹を揺るがすような、

(大袈裟)

びっくりの経験でした。

 

スネークセンターは、

毒ヘビ研究所ですから、

病院ではない、

というところが、

一番大きな違いなのかもしれません。

 

ここでは、

薬代しか請求されていませんので、

まあ、

患者が自費で薬を買って、

それを研究員の人に打ってもらう、

という感じなのかもしれません。

 

何がともあれ、

同じ薬をお安く使ってもらえるなら、

それが1番ですよね。

 

ということで、

バンコクで犬に噛まれたら、

24時間以内に、

スネークセンターへ Go!

 

日本大使館にほど近い、

ラマ4世通り沿いにあります。