ノンカーイ行き寝台特急


ラオスとの国境の町、

ノンカーイに行ってきました。

 

今回は、

一度乗りたかった、

寝台特急を使いました。

 

出発は、

バンコクの中心部からやや西側にある、

フアランポーン駅です。


f:id:sawasdeekhrap:20180728152059j:image

1時間残業した仕事の後、

歩いて駅に行き、

妻と合流するという、

なんとも効果的な時間の使い方。

 

こういうサインが、

なかなか味があって、

旅に出るぞという雰囲気があります。


f:id:sawasdeekhrap:20180728152021j:image

 

櫛形ホームのため、

最初に目に入ってくるのは、

列車の最後部です。
f:id:sawasdeekhrap:20180728152217j:image

車両の扉の所のサイン
f:id:sawasdeekhrap:20180728152238j:image

中に入ると…
f:id:sawasdeekhrap:20180728152620j:image
f:id:sawasdeekhrap:20180728152500j:image
f:id:sawasdeekhrap:20180728152534j:image

最初は、

天井の低い座席です。

 

最近車両が新車になったため、

とてもキレイです。

 

その分ちょっと値上げされました。

 

エアコン無しの寝台車は廃止となり、

エアコンが苦手な私はちょっとがっかりです。

 

走り出してしばらくして、

車掌さんがベッドメークしてくれました。
f:id:sawasdeekhrap:20180728152801j:image

 

下の段の方が、

頭の上の空間が広くて、

値段も少し高いのですが、

ベットの作り状、

上の方が少し長いかもしれません。

 

身長174cmの私も、

足を真っ直ぐにして寝れました。

これが、

夜行バスとの1番大きい差ですよね。

 

ビールを飲んで一気に寝てしまいたいのですが、

タイでは、

電車へのアルコールの持ち込みは禁止ですので、

自力で寝ます(笑)

 

現在地が分かるディスプレイが、

天井に付いていました。
f:id:sawasdeekhrap:20180728152842j:image

 

朝、

ふっと目が覚めたら、

もう終点のすぐそばでした。

 

私の所だけ、

車掌さんが座席に直さずに飛ばしてくれていました。

 

ご迷惑をおかけしました。

 

ノンカーイ駅に着きました。
f:id:sawasdeekhrap:20180728152907j:image
f:id:sawasdeekhrap:20180728152954j:image

 

駅前の様子
f:id:sawasdeekhrap:20180728153048j:image

中心部からやや離れた所に駅があるので、
町に向かうにはトゥクトゥクが便利です。

 

寝台特急を利用して感じたのは、

足を伸ばして寝られるのが、

1番の良さですね。

 

エアコンがかなりきついので、

寒がりの方は、

配られる薄いシーツのような寝具だけでは足りないかもしれません。

 

妻は、

バスの運転が気になって、

夜行バスはあまり寝られないタイプですが、

電車は安心して休めたとのことでした。

 

ちょっと高いのと、

町の中心まで少し離れているのが、

デメリットてすが、

どちらを取るかはお好みでという感じでしょうか。

 

私は、

また乗りたいと思いました。