スリランカ 2 コロンボ市内


コロンボに着きました。

街に出て、

まず観察してしまうのは、

やはり乗り物ですね。

f:id:sawasdeekhrap:20180728142329j:image

 

この3輪の車が、

こちらのタクシーです。

 

タイのトゥクトゥクと似ています。

が、

タイでは既に、

トゥクトゥクは主に観光用か貨物用で、

タクシーはトヨタ カローラに入れ替わりました。

 

タイより一周り昔という感じでしょうか。

 

バスは、

同じ顔をした1種類のバスのみ。

同じ名前のプレートがついていました。

 

メーカーなのか、

バス会社の名前なのかは不明です。

スリランカ製なのでしょうか。

 

ちなみに、

エアコンバスは見かけませんでした。

 

見ているだけでは満足できないので、

乗ってみました。
f:id:sawasdeekhrap:20180728142452j:image
f:id:sawasdeekhrap:20180728142753j:image
f:id:sawasdeekhrap:20180728142717j:image

 

乗って一番驚いたのは、

乗客が男性ばかりなことです。

 

一瞬、

男性用バス!?

と思うほど、

男性ばかりでびっくりしました。

 

もう1つ、

スリランカのバスで分かったことがあります。

 

それは、

バス運賃の法則。

 

「途上国の市内バスは、

1番小さな価値の紙幣で乗れる」

 

…どうでしょうか?

 

「まだまだ旅慣れていない!」

という声が聞こえてきそうですが、

まあ気にしない、気にしない。

 

次行く国でも試してみます(笑)

 

ホテルからペタマーケットという市場まで、

5km 位でしたが、

20ルピーでした。

換算すると、

20LKR≒14JPY≒4THB

くらいの価値になります。

バンコクでは、

市内で公社のバスですと6.5バーツですので、

やはり一周りというか、

一昔は前という感覚がしました。

 

市場をブラブラと歩いてみます。

 

靴紐専門店?
f:id:sawasdeekhrap:20180728142936j:image

おもちゃ屋
f:id:sawasdeekhrap:20180728143127j:image

街の通り
f:id:sawasdeekhrap:20180728143312j:image
f:id:sawasdeekhrap:20180728143355j:image

果物屋さん
f:id:sawasdeekhrap:20180728143447j:image
f:id:sawasdeekhrap:20180728143717j:image

宝くじ
f:id:sawasdeekhrap:20180728143546j:image

屋根が掛かっている部分へ
f:id:sawasdeekhrap:20180728143807j:image
f:id:sawasdeekhrap:20180728143852j:image

家族でお買い物?
f:id:sawasdeekhrap:20180728143949j:image
f:id:sawasdeekhrap:20180728144049j:image
f:id:sawasdeekhrap:20180728144117j:image
f:id:sawasdeekhrap:20180728143807j:image
f:id:sawasdeekhrap:20180728143852j:image

野菜のエリア
f:id:sawasdeekhrap:20180728144226j:image
f:id:sawasdeekhrap:20180728144250j:image
f:id:sawasdeekhrap:20180728144321j:image
f:id:sawasdeekhrap:20180728144347j:image
f:id:sawasdeekhrap:20180728144409j:image
f:id:sawasdeekhrap:20180728144440j:image
f:id:sawasdeekhrap:20180728144501j:image
f:id:sawasdeekhrap:20180728144527j:image
f:id:sawasdeekhrap:20180728144703j:image
f:id:sawasdeekhrap:20180728144600j:image
f:id:sawasdeekhrap:20180728144638j:image

タイでは、

野菜の値段の表示はほとんど1kg 単位なのですが、

ここでは500gや250g単位の野菜が結構あり、

やはりまとまった量を買えるほどは、

まだ豊かではないんだなぁと感じました。

 

市場の裏は、

運送会社が並んでいました。


f:id:sawasdeekhrap:20180728145038j:image
f:id:sawasdeekhrap:20180728145130j:image

この当たりは、

フィリピンにそっくりでした。

 

市場とホテルの間くらいにある、

ショッピングモールの地下にあったフードコート。


f:id:sawasdeekhrap:20180710180517j:image
f:id:sawasdeekhrap:20180710180544j:image
f:id:sawasdeekhrap:20180710180609j:image

英語表示でうれしい!

 

ただ、

スリランカでマレーシア料理、

あるいはモンゴル料理、

というのはどういうことなんでしょうか?

 

400ルピーは80バーツ、

または280円。

バスの運賃の20倍と考えると、

かなり高いですよね。

 

さっきの市場だと、

ナスが1kg 30ルピーでしたから、

ナスが13キロ買える!

 

本当に、

途上国の農家は搾取されてますよね。

 

とは言いながらも、

空腹には勝てず、

選んだのはこちらのお品物。

 

レジの前に、

ただ手書きで、

料理の名前らしいものが書かれていたので、

この店のイチオシと判断して、

迷わずオーダーして出てきたのは…

 

f:id:sawasdeekhrap:20180710181502j:image
f:id:sawasdeekhrap:20180710181524j:image

 

うん、

うまい!

 

幅広の麺を細かく切って炒めたものと、

ご飯を炒めたも
料理でした。

 

しかし。

量がものすごく多い!!

 

タイで外食すると、

エッと思うほど量が少な目なのですが、

ここの量は、

タイで出てくる量の倍はありました。

 

持ち帰り用の容器をもらい、

翌日にいただきました。

 

その時の容器は、

普通のボール紙の箱で、

その中に油紙で料理を包んで入れるだけという、

超簡易包装でしたが、

何も問題なく持ち帰れました。

 

紙って、

便利ですよね。

 

すぐ分解して自然に優しいし。

 

帰りに、

スーパーで買い物しました。

 

チョコレートが、安くない⁉

f:id:sawasdeekhrap:20180710181921j:image
f:id:sawasdeekhrap:20180710181945j:image







チョコレートが、

一つのメーカーで価格帯が3つくらいあって、

一番安いラインだと、

カシューナッツ味でも、

130ルピー?

≒90円≒26バーツ!

ばらまきお土産決定です!