鉢植え

 

ある友人は、

植物の世話が大好きで、

玄関先に鉢物を置いています。


f:id:sawasdeekhrap:20180131183721j:image
f:id:sawasdeekhrap:20180131183740j:image

 

元気よく育つ草花たちです。

が、

その秘訣は。。。

根元を見てびっくり。


f:id:sawasdeekhrap:20180131183813j:image
f:id:sawasdeekhrap:20180131183833j:image
f:id:sawasdeekhrap:20180131183851j:image
f:id:sawasdeekhrap:20180131183915j:image
f:id:sawasdeekhrap:20180131183947j:image
f:id:sawasdeekhrap:20180131184012j:image

 

なんと、

バナナの皮やら、

マンゴーの種やら、

きゅうりの切れっぱしやら、

いわゆる生ゴミとして捨てられるものが、

そのまま置かれていました。

 

暑さのせいか、

それとも太陽光線の強さのせいなのか、

それらは腐敗臭も出さずに急速に分解され、

そのまま土に還り、

栄養素となっているようです。

 

んー

熱帯って、

日本では考えられないことが起こりますね。

 

コンポスターなど必要ナシ。

どんどんと堆肥に変わっていくようです。

 

これなら、

植物の成長が早いのも納得です。

 

熱帯植物の生命力、

恐るべし。

 

というか、

このエコシステムの素晴らしさに、

ちょっと感動すら覚えてしまいました。