ホイアン観光 2

 

ホテルに着いて、

仮眠を取ったら、

あたりはすっかり暗くなっていました。

 

ではでは、

ランタン祭りに行ってみましょう。

 

ホイアンの中心になる「来遠橋」

f:id:sawasdeekhrap:20171007120458j:image

流し灯籠を準備している売り子さん
f:id:sawasdeekhrap:20171007120259j:image

飾り付けられたランタン
f:id:sawasdeekhrap:20171007120554j:image
f:id:sawasdeekhrap:20171007120614j:image
f:id:sawasdeekhrap:20171007120632j:image
f:id:sawasdeekhrap:20171007120719j:image

来園橋の入り口
f:id:sawasdeekhrap:20171007120742j:image

街並みは、

全体的に薄暗いので、

迷子になるとなかなか見つからないかもしれません。

 

屋台で、

ホイアン名物の麺類「カオラオ」をいただきました。

ほとんど汁気がなく、

あまり食べたことのないタイプの麺でしたが、

まあ郷土料理ということでよしとしましょう。

 

一緒に食べた、

串焼きの鶏肉と牛肉が美味しかったですね。

 

ベトナムのビールは、

タイのビールよりしっかりと苦味があり、

日本のビールに近い味に感じられました。

 

ピンぼけ写真ですが、

記録として残しておきます。 

f:id:sawasdeekhrap:20171011010806j:image
f:id:sawasdeekhrap:20171011010835j:image
f:id:sawasdeekhrap:20171011010903j:image

ビールに氷を入れて飲むのはタイも同じですね。

 

ただ違うのは、

カップです。

 

日本ではまず見かけないような、

ふにゃふにゃのプラスチックカップ、

それもかなり小さめのものを使っていました。

 

また、

テーブルに置かれたペーパーナプキンは、

本当に、

ただの紙を、

小さく切っただけものでした。

しかも、

何かに使った裏紙か、

スクラップとして出た端切れの紙でした。

 

やはり、

経済の発展度が、

こういうところに出るんでしょうか。