国王の葬儀

 

昨年の10月13日に亡くなった、

ラマ9世プミポン国王の葬儀の日取りが決まり、

街は再び国王の死を悼む雰囲気になってきました。

 

市内の電器屋さんのテレビのコーナー
f:id:sawasdeekhrap:20171011163531j:image

 

国の機関の車両

f:id:sawasdeekhrap:20171011163557j:image

 

BTS内の電光掲示板の表示

f:id:sawasdeekhrap:20171012004448j:plain

 

Line の起動画面
 f:id:sawasdeekhrap:20171011232410j:image

 

Wi-Fi ログイン画面も、

以前のモノクロモードヘ逆戻り
 f:id:sawasdeekhrap:20171011163623j:image

 

今月のクレジットカード明細書に同封されている広告も白黒印刷でした。

(上が先月分、下が今月分)


 f:id:sawasdeekhrap:20171026000848j:image

 

王宮方面への

特別フリーシャトルバスのお知らせ
 f:id:sawasdeekhrap:20171011163644j:image

街を歩く人たちも、

黒一色の服を来ている人が、

いくらか増えてきた感じがします。

 

ショッピングモールでは、

国王が作曲した、

あるいは演奏している、

サクソフォーンのジャズが流れ、

亡き国王を偲んでいます。

 

タイ人たちにとっても、

ほとんどの人にとって初めての経験のため、

ちょっとした緊張感が、

再びバンコクの街に訪れています。

 

最寄り駅となるフアランポーン駅は、

待合室の椅子をみな撤去し、

参列者のためのスペースを確保していました。


 f:id:sawasdeekhrap:20171017221135j:image

 

いよいよ、

長い喪中の期間の最高潮を、

ここタイでは迎えようとしています。

 

 

  故プミポン前国王の火葬式に関する旅行者の皆様へのアドバイス

(タイ国政府観光庁HPより)

https://www.thailandtravel.or.jp/news/23916/