サコンナコーン @jw.org

 

サコンナコーンでは、

集会や奉仕も楽しんできました。

 

タイで長く奉仕しているNZ出身の兄弟が、

ビジュアルエイドを使って講演をしていました。

f:id:sawasdeekhrap:20170725135308j:image

 

ものみの塔研究。

タイ人の兄弟が司会でした。

研究生も出席して注解していました。

f:id:sawasdeekhrap:20170725135224j:plain

 

集会の後、

奉仕の前に、

タイ人の兄弟たちが王国会館の前で食事をしていました。
f:id:sawasdeekhrap:20170725135547j:image
f:id:sawasdeekhrap:20170725135630j:image

やはり、

普通に虫を食べるんですね。。。

 

別の日の奉仕ですが、

大きなスーパーの近くでカート ウィットネスをしているグループと落ち合いました。

f:id:sawasdeekhrap:20170725135430j:plain

 

地元の兄弟が、

郷土料理でもてなしてくださいました。

やはりここでももち米が。

f:id:sawasdeekhrap:20170725135757j:image
f:id:sawasdeekhrap:20170725135918j:image
f:id:sawasdeekhrap:20170725140009j:image

メインは、

豚の喉肉のグリル。

f:id:sawasdeekhrap:20170725135840j:plain
f:id:sawasdeekhrap:20170725140038j:image
f:id:sawasdeekhrap:20170725140133j:image

オーブンで焼いたものもいただきました。

こちらが、

タイの一般的なオーブン。
f:id:sawasdeekhrap:20170725140218j:image
確かに、
密閉されたところで高温で調理するのがオーブン料理ですから、

これでもいいんですよねー

 

やはり、

地元の兄弟たちと交わるのが、

一番楽しいですよね。

 

タイでは、

兄弟たちの人数はまだ4,000人を超えたばかりです。

 

そのうち、

1,000人くらいは外国人でしょう。

その中で、

真理を見出して実践している、

タイ人の兄弟たちは、

とても熱心で励まされます。

 

サコンナコーン会衆には、

30代前半の独身の特開者の姉妹がいらっしゃいますが、

家も近所だろいうこともあり、

滞在中はしょっちゅう一緒に行動させていただきました。

 

バイタリティーのあふれた、

素敵な姉妹でした。

 

霊的な人と一緒にいると、

とてもさわやかにされますね。

 

身も心もリフレッシュされた、

いい旅でした。