Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

フィリピンのあれこれ (初めてのこと編)

年末年始に、

フィリピンに行ってきました。

 

フィリピンへは約3年ぶりの旅行でしたが、

休暇を満喫できました。

 

イロカノ語の地区大会に1日出席し、

日本にいる時に知り合った友人の結婚式に参加し、

義父の実家を訪問し、

親族と楽しい時間を過ごせました。

 

旅行といえば、

初立会い、

体験のことが付き物ですが、

御多分に洩れず、

いろいろと経験してきました。

 

初めて蚊帳を吊った部屋で寝泊まりし、

初めて豚の屠殺に立会い、

初めて犬の肉をいただきました。

 

…まだまだ、

知らないことがいっぱいありますね〜

 

あちらでは、

祝い事や大事な来客があると、

飼っている豚を屠るのが、

何よりのおもてなしになります。

 

初めて屠殺に立会いましたが、

ステファノの殉教を見守るパウロの気分でした。。。

 

思ったより簡単に絶命する生き物を見て、

命の尊さを思い知らされました。

 

と同時に、

淡々と作業を進めて行く地元の人を見ていると、

「慣れ」というものの怖さも感じました。

 

そういう私も、

そんな現場に立ち会っていながら、

普通に調理された物を食べてしまい、

結構いろんなことに鈍感になっている自分を発見しました。

 

さすがに、

まだ生温かさが残る肉を加工している時には、

複雑な気持ちでしたが。。。

 

f:id:sawasdeekhrap:20160108152259j:plain

犬の肉は、

さっぱりとして食べやすく、

やや牛肉に近いお味でした。

 

料理を出してくれた方は、

「自分の家の犬はかわいそうだから、別の犬を買ってきた」

と話していました。

 

うーん、

まあ確かにそうでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:sawasdeekhrap:20160118002540j:plain