Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

街の様子 30日後

日記 日記-街角の風景

 

国王の死去後、

30日間は娯楽の自粛が要請されていました。

 

その期間が終わり、

街の雰囲気も少しですが変わりつつあります。

 

飲食店での生演奏が復活。

夜の街が賑わいを取り戻してきました。

 

テレビやラジオも通常の番組に戻り、

庶民の娯楽の立場に戻りました。

 

しかし、

30日間も仕事がなかったバンドマンや、

コメディアン、俳優さんたちは、

どうやって暮らしていたのでしょうか?

 

黒い服を着て弔意を表すことは、

ここバンコクではまだまだ続いています。

 

ロイクラトンやフルムーンパーティなどのイベントも、

規模を縮小したり、

内容の一部を取りやめたりしているそうです。

 

いずれにしても、

少しずつ平時の様子を取り戻しつつあるという感じです。