Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

喪に服すタイ国民

 

特に大きな混乱もなく、

タイでは平穏な日々が続いています。

 

街で驚くのは、

とにかく黒い服を着た人が多いということです。

f:id:sawasdeekhrap:20161016215646j:plain

f:id:sawasdeekhrap:20161016215727j:plain

 

ショーウインドウも、

軒並み黒い服になりました。

f:id:sawasdeekhrap:20161016215645j:plain

 

 

街を行き交う人の、

半数以上が黒い服を着ている感じです。

フードコートや満員電車で黒い服の人に囲まれると、

もうそれはそれは異様な雰囲気です。

(写真ではなかなかお伝えできませんが)

 

ショッピングモールや、

駅の電光掲示板も、

軒並み国王の死去を悼むものになっています。

f:id:sawasdeekhrap:20161016215705j:plain

f:id:sawasdeekhrap:20161016215621j:plain

 

黄色あるいは黄金色に飾られていた国王の写真が、

いきなり白黒になってしまいました。

 

Big C というスーパーでは、

購入したものやお釣りが表示されるディスプレイにまで、

白黒の国王の絵が表示され、

とても驚きました。

 

2年以上入院生活が続き、

即位70年を記念する式典にも姿を見せなかった状況からして、

こういう時のための準備が、

内々に進んでいたんでしょうね。

 

律儀なところにはとても律儀な、

タイ人の気質を感じます。

 

喪に服する期間は、

国家公務員などは1年間ということなのですが、

黒の時代が1年間も続くのでしょうか。

 

 

 

 

追記:

タイの今の状況を書いたものを、

多くの方に閲覧していただいております。

 

いろいろな非日常なことを目にしていて、

何を書き残すか迷っています。

 

折を見てまた更新していきたいと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

タイのあれこれ

http://sawasdeekhrap.hatenablog.com/