訃報

 

報道によりますと、

タイの王室庁は、

プミポン国王が本日午後3時52分に死去したと発表しました。

 

4日前の10月9日に、

容体が不安定になっているという発表があり、

国全体でこのニュースを受け入れる準備をしていましたが、

いよいよこの日が来てしまったという感じです。

 

今日の新聞各紙は、

国王の回復を祈る国民の写真を一面に取り上げ、

国民が一つになっているという様子を伝えていました。

 

国王が亡くなった時間は、

私たちは刑務所を訪問していたのですが、

特に目立った動きはなく、

通常通りに面会が行なわれていました。

 

夕方も、

特に変わった様子はありませんでしたので、

大きな影響は明日からという感じでしょうか。

 

昭和天皇崩御の時の様子は、

その時中学生だった私にとって、

とても印象深いものがありました。

 

それと比べると、

国王の細かな健康状態が、

センセーショナルに報じられることはなく、

国民は静かご静養の経過を見守っていたという感じでした。

 

夜に街を歩くと、

テレビはどのチャンネルも、

国王の生涯を説明する、

白黒の古い映像を放映していました。

 

家に帰って来て、

1階の事務所でテレビを見ていた大家さんに声を掛けると、

これから30日はこういう番組ばかりだろうと言っていました。

 

ちなみに、

外国人にとって貴重な情報源となっている、

バンコクポストのホームページも、

白黒になっています。

 

さてさて、

明日はどうなるのでしょうか?

 

テロや政治闘争などが起きずに、

平穏に時間が過ぎていくことを願います。