Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

リエントリー

ビザ関連 ビザ関連-ビザ

 

ビザ保有者は、

国外に出ると、

通常はそのビザがキャンセルされてしまいます。

 

そのため、

ビザに効力を保ちつつ出国するために、

リエントリー パーミット(再入国査証) を取る必要があります。

 

ということで、

この「リエントリー」を取ってきました。

 

f:id:sawasdeekhrap:20160712203216j:plain

 

チャムチュリ スクエア という施設の18階に、

ワンストップ サービス センター というところがあり、

ビザの発行や更新の手続きをしています。

 

Non-O や、

Non-B のビザを持っている人は、

こちらでリエントリーを取ることができます。

 

ちなみに、

このチャムチュリ スクエアは、

地下鉄MRT サムヤーン 駅の2番出口の目の前にあります。

 

事務所の入り口はこんな感じです。 

f:id:sawasdeekhrap:20160712203126j:plain

 

入って右手に、

インフォメーションという衝立があります。

f:id:sawasdeekhrap:20160712203122j:plain

 

その裏側に、

番号札を取るところがあります。 

f:id:sawasdeekhrap:20160712203523j:plain

 

手続きによって取る番号札の種類が違うので、

「リエントリー」と伝えます。

 

私がもらった番号札はこちら。

f:id:sawasdeekhrap:20160712203002j:plain

リエントリーは6人待ち、

EからI までの合計で31人待ち、

呼ばれる予想時間は3:25PM 

と書いてある、

のではないかと推察されます(笑)

( ↑タイ語は全くわからないので、悪しからず)

 

各カウンターの様子。

f:id:sawasdeekhrap:20160712203022j:plain

 

リエントリーは "I" で始まる番号ですので、

その手続きをしてくれるカウンター付近で呼ばれるのを待ちます。

 

いつ行っても、

人人人でごった返しているワンストップサービスセンターですが、

リエントリーを取りに来ている人はあまりいなくて助かりました。

 

ワークパーミットを取りに来た時は、

朝一番で書類を出して、

もらえるのはお昼すぎでした。。。

 

妻は、

オフィスが閉まる30分前ぐらいに来て手続きをしましたが、

その時はほぼ待ち時間ゼロだったそうです。

 カウンターで番号を呼ばれ、

パスポートとビザを確認された後、

会計のカウンターに回され、

そこで支払いを済ませます。

f:id:sawasdeekhrap:20160712202916j:plain

 

このカウンターは、

オフィスの入り口の左手付近にあります。

 

ここでちょっとしたハプニングが発生。

先ほどのカウンターでもらった用紙をここで提出して、

しばらくすると、

レシートをくれました。

 

???

 

まだ支払ってませんが。。。

 

お金を見せたら、

「あら、まだもらっていなかったかしら」

という感じでそそくさとお金を受け取りました。

 

日本では考えられないですよねー

 

以前に、

インターネットのプリペイド分を払った時も、

sim カードの番号と、

チャージしたい金額を言ったところ、

カチャカチャとパソコンを操作してレシートを手渡され、

「ピニッシュ(Finish)」

と言われたことがあります。

 

「まだ払ってないですよ〜」

 

とお金を見せたら、

恥ずかしそうに受け取っていました。

 

どうやら、

外国人を相手にすると、

タイ人も緊張するようで、

こういうやり取りが、

ちょくちょくあります。

 

ということで、

レシートを受け取って、

先ほど呼ばれたカウンターに戻り、

レシートを提出。

 

しばらくして、

リエントリーのスタンプが押されたパスポートが帰ってきました。

f:id:sawasdeekhrap:20160730130250j:plain

 

これで、

安心して国外に出られます。

 

最悪、

スワンナブーン国際空港や、

ドンムアン空港のイミグレーションでも、

リエントリーが取れるようですが、

前持って取っておいた方が安心ですよね。

 

ドンムアン空港では、

深夜の時間帯はリエントリーを取る部署は空いていないと、

どこかで読んだ気がします。

 

スワンナブーン国際空港でも、

深夜はリエントリーを取得できないという記事を、

ネットで読みました。

http://yindeed.asia/re-entry-suvarnabhumi

 

 

ワンストップサービスセンター内で、

こういうものを見ました。

f:id:sawasdeekhrap:20160712203137j:plain

 

"Good guys in, Bad guys out" ですかー

わかりやすいモットーです(笑)

 

「ルールを守って国際化」という、

日本の入国管理局で見た標語にも納得しましたが、

どの国も、

出入国を管理する仕事は難しくなっていますよね。