3年振りの日本 その2

 

日本にいる時は、

6月という月は、

別に特段好きな時期ではありませんでした。

 

ところが、

日本に着いてびっくり。

 

梅雨寒と呼ばれる肌寒さが、

なんとも懐かしく感じました。

 

熱帯の国を抜け出してきたー

という感覚でしたね。

 

日本に着いて数日後に、

「昨日よりも8度高い31度まで上がるでしょう」

という日がありました。

 

すると、

この暑さが、

心地よく感じられました。

 

昔だったら、

「身体がついていけない」

などとつぶやいていたと思うのですが、

そのくらい暑い方が体調が良い自分を発見しました。

 

結構、

体が熱帯仕様になってきたのかもしれません。

 

その分、

タイでいちばん涼しい時期の気候に似ている6月が、

とても気持ち良く感じました。