Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ビザ取得 ラオスへの旅(番外編)

ビザ関連 ビザ関連-イミグレーション

 

いきなり番外編で申し訳ないのですが、
今、
ラオスのタイ大使館では、
ちょっとした異変が起きています。

ラオスに、
ビザを申請する人が、
この数週間で、
劇的に増えています。

なぜかといいますと、
カンボジアにビザランをしていた人が、
一斉にラオスに向かっているからです。

これまで、
カンボジア国境で、
タイへの出入国をすると、
ビザなしでも、
15-30日間のタイ滞在ができました。
(国籍によって期間が異なる)

ワーキングパーミットをもらえずに、
タイで働く外国人は、
この制度を使って、
2週間に一度カンボジアに出ながら、
ビザなしで仕事をしています。

しかし、
最近、
このパターンで、
繰り返しタイに入国してきた人たちが、
タイの滞在期間が7日間しか許されなくなりました。

ビザなし入国を8回繰り返すと、
7日間のみの滞在許可のスタンプが押されるようです。

それで、
その話を聞いた人、
友人や知り合いがこのスタンプを押された人、
そして、
実際にこのスタンプを押されてしまった人たちが、
出国先を変更して、
ラオスに向かっているというわけです。

ラオスへにビザランを企画しているエージェンシーに、
知り合いの人がいるので、
ちょくちょく話を聞くのですが、
普段は、
週二回のツアーに、
バンで5、6台のツアー参加者のようですが、
先週、
私たちが参加したときは、
バン13台、
そして、
昨日の夜出発したツアーは、
なんとバン22台(私が確認できただけで)。

f:id:sawasdeekhrap:20151002192130j:plain

f:id:sawasdeekhrap:20151002192139j:plain


 
ですから、
国境のイミグレーションも、
ビエンチャン市内のタイ大使館も、
外国人で、
(その多くはフィリピン人)
溢れかえっています。

ビエンチャンのタイ大使館で、
ビザ取得を計画している方は、
どうぞご注意ください。