Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

日本語大会

 

木曜日の夕方に、
クーデターが起きました。

軍部の発表では、
「国民はなるだけに日常の生活を送るように」
ということでしたが、
夜9時のニュースで、
今週末の金土日は、
学校は閉鎖されるということが報じられました。

今週末、
バンコクでは、
日本語の巡回大会が計画されています。

会場は、
市内の大学の講堂です。

木曜日の夜のニュースで、
翌日金曜日の大学の施設が使えないということが分かり、
大会開催に暗雲が立ち込めました。

早速今朝、
6時過ぎに兄弟たちは、
会場となる大学を訪れましたが、
貸したいのは山々だが、
事情が事情なのでお貸しすることができない、
という答えだったそうです。

そこから、
その日の午後1時から予定されている開拓者の集まりと、
土日の大会の会場探しが始まりました。

私が電話の連絡を受けたのは、
午前11時過ぎでした。

開拓者の集まりは、
会場を変更して、
ある王国会館で、
時間を2時30分に変更して行われる、
巡回の大会の場所は、
決まり次第知らされるとのことでした。

すごいですねー

やはり、
クーデターというのは、
かなり緊急度の高い出来事のようです。

この日のために、
タイ全国、
または近隣諸国で奉仕している日本人が、
バンコクに集まってきます。

なんとしても、
会場を確保して、
プログラムから益を分かちたい、
その願いの一心で、
兄弟たちは会場の手配と準備に奔走されたのだと思います。

開拓者の集まりの最後に、
巡回大会について発表がありました。

会場は、
とある五つ星ホテルをお借りできることになり、
無事大会が開けることになりました。

開拓者の集まりが始まる時も、
この発表がなされた時も、
会場に集まった、
329人の出席者から、
鳴り止まない拍手が起こりました。

集まりの始まりの際は、
司会者が拍手をとめるよう合図する必要があった位です。

みんなの喜びがあふれた瞬間でした。

ということで、
政治的には不安定な情勢ですが、
兄弟たちは一致して霊的な活動に打ち込んでいます。