クーデター

 

5月22日木曜日、
現地時間で午後4時30分に、
タイの「平和・治安維持司令部」が、
タイ国内全土において統治権を掌握した旨を宣言しました。

いわゆる、
軍部によるクーデターが起きたわけです。

この21世紀に、
軍事クーデターが起こるということが、
なんとなく信じがたいですが、
そういうタイミングで、
そういう国にいるというのは、
なかなか興味深いことです。

私がクーデターを知ったのは、
戒厳令の時と同じく、
研究生からの電話でした。

「政府がなくなったから、
気をつけてくださいね」

クーデター勃発後、
約30分後に、
第一報が入りました。

その日は、
午後6時から、
電話をくれた彼と研究の予定になっていて、
6時ちょっと過ぎに彼の家に到着し、
普通どおりに研究をしました。

日本大使館からのメールで、
夜11時以降の外出が禁止され、
夜10時でBTSなどの電車がとまると聞いていたので、
夜9時ちょっと前に研究を切り上げて、
帰途に着きました。

彼の家は、
BTSが走るメインロードからは少し離れているので、
帰り道は、
そこまでソンテウに乗ります。

または、
バスに乗って別のルートで帰ることもできます。

最初は、
バスで帰ろうと思っていたのですが、
なかなかバスが来ず、
途中であきらめて、
ソンテウを使って帰ることにしました。

そのうちに、
車内の明かりが消えたソンテウが来ました。

これは、
もうサービスが終わったソンテウなのかなと思ったのですが、
だめもとで手を上げたら、
止まってくれました。

そして、
それに乗り込んで、
何とか間に合ったーと安心していたら、
BTSの駅までまだ2キロ以上あるところで、
ソンテウが止まりました。

運転手が降りてきて、

「ソンテウは9時でおしまい。
私はここから曲がって家に帰る。
ここまでの料金は要らないから、
後はタクシーに乗って帰って欲しい」

と言われました。

えー

というわけで、
あまり人気のない道の交差点で、
下ろされてしまいました。

仕方がないので、
めったに乗らないタクシーに乗り、
BTSが走る大きな通りまで出ました。

ここまで、
何とか10時前にたどり着き、
さてバスに乗ろうと思ったのですが、
今度はバスが着ません。

バンコク中心部から来る反対車線は、
バスが次々に来て、
お客さんを降ろしていくのですが、
バンコク中心部に向かう私たちの側は、
明かりを消してスピードを上げて走るバスが、
次々と私たちが待つバス停を通り過ぎていきます。

手を上げても、
運転手さんに逆に手を振られてしまい、
止まってくれる様子がちっともありません。

うーん

すでに電車は止まっていますし、
バスも乗せてくれないとなれば、
後はタクシーしか選択肢がありません。

ということで、
そこからまたタクシーに乗り、
何とか家まで帰ってきました。

さすがは、
クーデター直後の夜間外出禁止令だけあって、
公共交通機関は、
しっかりとお達しを守っているようです。

意外なところで、
私たちも、
お財布に影響を受けてしまいました。

さてさて、
この政治の混乱、
地元の人はすっかり慣れている様子ですが、
いつまで続くのでしょうか。