公の証言

 

私たちの会衆では、
まだ組織された区域がありません。

それで、
フィリピン人が集まる場所に出かけていき、
そこで証言をするというのが、
会衆の取り決めになっています。

毎週水曜日と日曜日の夜、
ある旅行会社が企画している、
ラオスへのビザランのツアーに、
たくさんのフィリピン人が参加しています。

旅行会社の社長の奥さんがフィリピン人ということもあって、
口コミでフィリピン人に広まっているようです。

そこで、
私たちも、
ツアーの集合場所になっている、
とあるショッピングモール内のファーストフード店に行って、
集まってくるフィリピン人に証言をしています。

f:id:sawasdeekhrap:20151006173402j:plain


 
書類の作成が終わり、
バンの出発を待つ人に近づく、
という感じです。

最初は、
道中に読めるもの提供するというスタイルが強かった気がします。

しかし、
いきなり聖書的なことを切り出すよりも、
まずは座って一緒に話をして、
親しくなることが大切だと感じるようになりました。

いろいろ身の上話が出ると、
その人が何を一番心配しているか、
どんなことに関心があるかが分かります。

また、
彼らは定期的に国外に出てビザを更新しているので、
また同じ場所で会えるチャンスがあります。

彼らの連絡先を聞ければ、
最訪問できたり、
彼らの住むアパートにいる、
他のフィリピン人と会える可能性も広がります。

それで、
最近は、
まず私たちが一足先にこの場所に行って、
証言しやすい人を選んで、
彼らに証言するようにしています。

先日は、
フィリピンで研究していたものの、
仕事でタイに来たために、
研究が中断しているという女性に会いました。

その人は、
タイからバスで11時間かかる、
タイ北部の田舎の地域で、
英語の先生をしています。

しかし、
3月下旬からは、
学校は夏休みに入ります。

その休暇中は、
なんと、
私の研究生と同じコンドミニアムに住んでいる、
親戚の家に滞在していることが分かりました。

私の研究の前に、
妻がこの人と研究ができるように、
計画を立てているところです。

こうして、
霊的な必要を感じていて、
すぐに研究ができる人に、
会えるんですねー

エホバの、
愛ある導きを感じます。