家、仮契約へ

 

昨日は、
一日奉仕でした。

プラトナムのソイ19という所に、
朝9時半に待ち合わせ。

初めて行くところだったので、
朝8時過ぎに宿舎を出発しました。

案の定、
バスがなかなか来なくて、
間に合うか気を揉みましたが、
電話で待ち合わせの場所を確認しながら、
なんとか5分遅れで到着。

他にももう1人の姉妹がいて、
4人で研究に行くこことになりました。

研究生は、
フィリピンレストラン兼、
荷物の配達事務所のようなお店で働いていて、
その職場で研究するようです。

レストランの部分で待つ事1時間以上。

f:id:sawasdeekhrap:20151006175148j:plain


仕事がひと段落したようで、
ようやく研究がスタートしました。

始まると、
なぜか私が司会することに。

しかし、
初対面の人を研究司会するって、
結構む難しいですよね。

背景が分かりませんし、
お互い緊張もします。

しかも、
同席している2人の姉妹が、
いろいろとノートを取っていました。

こちらに移転してきてプレッシャーなのが、
何をするにつけても、
「正規開拓者の」という言葉がついて回ることです。

そんな緊張の中で、
なんとか研究が終わりました。

その後、
商業施設の中にあるフードコートでランチ。

そして、
その後、
もう一件研究に行く事になりました。

次の研究まで少し時間があるので、
姉妹の買い物に付き合い、
家に案内してもらいました。

次の研究は、
近くに住む研究生が、
姉妹の家に来てくれるようです。

姉妹の家は、
私たちが先日家探しをしたエリアの近くで、
一日探したが見つからなかった事を話しました。

そうしたら、
姉妹も一緒に家を探してくれることになりました。

研究は、
こちらがけ研究生の家に行くことに変更。

行きながら、
幾つかのマンションを当たってみることになりました。

何軒かた訪ねましたが、
高かったり満室だったりして、
いいものは見つかりませんでした。

2軒目の研究は、
20代半ばの女性でした。

その研究も、
なぜか私が司会し、
その研究後、
研究生が知っているというマンションを見ることになりました。

そうしたら、
うまい具合に、
一部屋だけまだ空いていました。

前回の部屋探しで見た部屋よりもいくらか広く、
外も騒がしくありません。

家賃も予算の範囲内だったので、
そこに決めました。

よかった!

金曜日までにしなければならない大仕事が、
片付きました。

その後、
ある旅行代理店の近くの、
ファーストフード店に行き、
ビザの延長のためにやってくるフィリピン人に証言する奉仕に参加しました。

こうして、
宿舎に戻ってきたのは、
夜の9時を過ぎていました。

丸一日奉仕ができて、
家も決まるという、
たくさんの祝福を経験できた一日になりました。

f:id:sawasdeekhrap:20151006175214j:plain

f:id:sawasdeekhrap:20151006175222j:plain