巡回大会

先週末は、
タガログ語の巡回大会に出席しました。

関東一円の、
13のタガログ語会衆が、
千葉県の9つの日本語会衆と一緒に、
一つの巡回区に組織されています。

その巡回区の、
Bグループとして、
タガログ語での大会が開かれました。

2日間の大会ということもあり、
巡回区外のタガログ語会衆からも、
たくさん出席していました。

名古屋で、
私たちが以前からお世話になっている兄弟たちとも、
久しぶりに会うことができました。

計画通り、
2月にタイに移転するとすれば、
しばらくは、
日本のタガログ語会衆の皆さんとは、
会えなくなります。

ちょっと残念ですが、
また新たな友ができるということで、
前向きにいかないといけませんね。

今回の大会でも、
新しいネイティブの話し手が、
プログラムを扱っていましたし、
通訳初挑戦の兄弟もいらっしゃいました。

着実に、
タガログ語の区域が発展している様子がよく分かり、
とてもうれしい気分になりました。

もちろん、
プログラムそのものも、
励みの多いものでした。

昨奉仕年度の地域大会の主題は、
「神の言葉は真理」、
今奉仕年度の巡回大会の主題は、
「神の言葉は教えるのに有益」、
さらに一日大会の主題は、
「神の言葉は力を及ぼす」。

「神の言葉」にスポットライトが当てられている大会が続きます。

新世界訳聖書 改訂版が発表されて、
多くの人が聖書に改めて注目している中で、
神の言葉そのものへの認識が高まっています。

学んだことを、
実践していくことが大切ですので、
がんばっていこうと思います。