Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

中華街にて 1日目

 

アジアの旅行の楽しみといえば、
手軽に地元の料理を食べられる、
屋台ですよねー

バンコクにも、
たくさんの屋台があって、
いろいろな料理が食べられます。

ネットで予約したゲストハウスが、
中華街の近くだったので、
到着後、
さっそく夕食を食べに、
屋台を回りました。
 

f:id:sawasdeekhrap:20151006183933j:plain

f:id:sawasdeekhrap:20151006183945j:plain

f:id:sawasdeekhrap:20151006183955j:plain

f:id:sawasdeekhrap:20151006184003j:plain


 私たちがオーダーしたのは、これ。

 

f:id:sawasdeekhrap:20151006184103j:plain

f:id:sawasdeekhrap:20151006184033j:plain


「フライド・シーフード・スパイシー」
という名前が付いていたような気がします。

ま、
海鮮鉄板焼き風オムレツ

といった感じでしょうか。

タイ料理なのか中華料理なのか分かりませんが、
こういうフュージョン系の料理がまたおいしいんです。

中華街では、
炒め物っぽい料理がたくさんありました。

 

シーフードも人気でした。

 

f:id:sawasdeekhrap:20151006184212j:plain

f:id:sawasdeekhrap:20151006184221j:plain

f:id:sawasdeekhrap:20151006184231j:plain


 
あと、
フカヒレ料理のお店には、
欧米からの外国人客がいっぱい来ていました。

さきほどの料理だけでは、
お腹がいっぱいになるわけもなく、
次のお店でオーダーしたメニューはこちら。
 

f:id:sawasdeekhrap:20151006184247j:plain

f:id:sawasdeekhrap:20151006184259j:plain


 
ほんのり味が付いたご飯と鶏肉の組み合わせ。
絶妙です。

二皿目は、
きしめんのお化けのような平べったい麺に、
レバーや内臓などいろいろな部位の肉が入ったスープ。
このサイズの米粉の麺は、
いろいろな屋台で見かけました。

こんな感じで、
長旅の疲れはどこへやら。

大満足のディナーでした。