China Town

 

どこの国に行っても、

必ずといっていいほどあるのが、

チャイナタウン。

 

マレーシアも、

華僑の人がかなり入っている国です。

 

KLセントラル という、

クアラルンプールの交通の要となっている駅から、

地下鉄で一駅行ったところに、

中華街がありました。

 

機内食が出ない飛行機で、

朝6時過ぎに空港に下ろされ、

涼しいうちにペトロナスタワーを見て、

中華街でブランチ、

という、

なんともバックパッカー的な流れで、

中華街へ到着です。

f:id:sawasdeekhrap:20151103120338j:plain

f:id:sawasdeekhrap:20151103120348j:plain

f:id:sawasdeekhrap:20151103120357j:plain

 

最初に、

ご飯の盛られたプレートを受け取り、

自分で好きなおかずを、

好きなだけ取って、

最後にお会計、

という、

なんとも屋台らしいお店でした。

 

お値段は、

7 MYR。

250円くらい。

 

お味はですね、

うまい。

 

どのおかずも、

外れがなく、

日本人の口に合いました。

 

旅先で、

食べ慣れた物を口にすると、

ほっとします。

 

お腹が落ち着いて、

力が出てきたところで、

町の中を、

ふらふらと歩いてみます。

f:id:sawasdeekhrap:20151103120422j:plain

f:id:sawasdeekhrap:20151103120435j:plain

f:id:sawasdeekhrap:20151103120446j:plain

 

さすがに、

日が高くなると、

熱くなってきて、

旅行の荷物を持ったままの観光は、

ちょっとしんどくなってきます。

 

小腹がすいてきたので、

また軽食。

f:id:sawasdeekhrap:20151103120530j:plain

f:id:sawasdeekhrap:20151103120541j:plain

 

この揚げ物は、

かなりおいしかったですね。

 

厚揚げ、なす、ゴーヤのはさみ揚げで、

はさまれているのは魚練系のものでした。

 

麺類も豊富です。

 

米麺は、

テロテロした食感がなんともいえません。

 

少し歩くと、

ちょっと観光客向けっぽいところがありました。

f:id:sawasdeekhrap:20151103120606j:plain

f:id:sawasdeekhrap:20151103120617j:plain

f:id:sawasdeekhrap:20151103120627j:plain

f:id:sawasdeekhrap:20151103120637j:plain

 

中華街の周りには、

安宿がたくさんあるようで、

観光客っぽい外国人も、

結構見かけました。

 

日本人は、

見かけませんでしたねー

 

安宿を、

幾つかみて回りましたが、

1泊2人1部屋料金で、

エアコンなしで、

30 MYR 約1,000円、

エアコン付きで、

50 MYR 約1,750円、

というのが相場でした。

 

1人500円で泊まれるのは、

魅力的ですね。

 

ちょっと疲れたので、

冷たいものを食べに、

先ほどの屋台が並んでいたところに戻ります。

f:id:sawasdeekhrap:20151103120704j:plain

f:id:sawasdeekhrap:20151103120717j:plain

マレーシア風カキ氷。

”ABC” といいます。

 

なんで ABC というのか、

どこかで読んだ気がしますが、

思い出せない。。。

 

ここの ABC は、

見た目はあまりよくありませんが、

熱帯地方に着いた最初の日に、

歩き疲れた旅人を癒す、

最高のご馳走でした。

 

‥‥それにしても、

旅行の初日から、

屋台で、

氷を食べるなんて、

結構チャレンジャーですよね。

 

「ジュースを頼んでも氷抜きで」

「現地の水は飲まないように」

 

こんなアドバイスを、

ガイドブックではよく見かけますが、

現地の人は、

普通に食べてますからね。

 

35℃超の街を歩いて、

目の前でカキ氷を作っていたら、

食べたくなるのが、

人の常というものです。

 

お腹が丈夫でよかったー