Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

追悼式

日記 日記-大切な出来事

 

ある人たちとは9月以来、

ある人たちとは久しぶりに、

大阪に住む友人たちと再会しましたが、

それが友人の追悼式というのは、

なんとも複雑な気持ちでした。

 

式は、

故人を悼み、

遺族を慰める、

追悼式の目的そのものが具現された、

よいものでした。

 

話し手が、

込み上げるものを抑えきれずに、

何度も話が中断しましたが、

それだけ、

温もりのある、

ふさわしい話を聞くことができました。

 

紅葉して散っていく葉もあれば、

緑のまま突然落ちてしまう葉もある。

 

ただ、

大切なのは、

どのように葉が落ちるかではない。

 

また春が巡ってくれば、

木々は再び活力を取り戻し、

青々とした葉を茂らせる。

 

その事実に目を向けることが、

私たちにとって真の希望になる。

 

人の命を、

木の葉に例えた話は、

心に深く残るものとなりました。

 

確かに、

そうですね。

 

私の隣に座っていた女性は、

式の後、

私にこう話し掛けてきました。

 

「生きなきゃあかんよ」

 

もう70歳くらいの女性が、

言い聞かせるように放ったその言葉は、

とても重みがありました。

 

うん。

そうですね。

 

今ある命を、

存分に使わないと。

 

しぶとく、

粘り強く、

時には、

ずうずうしく。

 

世知辛い世の中ですが、

生き延びていきたいと思います。