Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

peach

 

今回は、

関空から、

peach の飛行機で、

ソウルに行ってきました。

 

経費節減のためでしょう、

飛行機へはバスに乗って向かいます。

f:id:sawasdeekhrap:20151105015020j:plain

f:id:sawasdeekhrap:20151105015026j:plain

f:id:sawasdeekhrap:20151105015032j:plain

 

 

小雨が降る天候でしたが、

ぎりぎり雨にぬれずに、

機内に入れました。

 

順番が前後しますが、

驚いたことが1つ。

 

ずいぶん歩いて搭乗口にまで来たら、

どこかで見た顔のスタッフの人が、

搭乗の案内をしています。

 

なんと、

チェックイン・カウンターで作業していたお姉さんが、

機内に乗り込むための誘導もしていました。

 

つまり、

彼女たちも、

カウンターから、

登場口まで移動してきて、

仕事をしていたわけです。

 

大きな航空会社だと、

カウンターで働く人は、

基本的にカウンターで働くだけ、

または、

カウンターで働くのは、

関連会社の職員ということが多いと思いますが、

peach さんでは、

少ないスタッフを総動員して、

サービスしているんですねー

 

ボーディングパスは、

こんな感じでした。

f:id:sawasdeekhrap:20151105015132j:plain

 

レシートの大きい判くらいの感熱紙です。

 

さすがに、

徹底したコスト削減を図っていますね。

 

ただ、

ソウルから乗った時は、

普通の航空会社と同じでした。

 

チェックインカウンターも、

普通の航空会社と並んでいるところにありましたし。

 

国内ではいろいろと節約できても、

海外の空港内では、

できることが限られてしまうんでしょうね。

 

帰りの飛行機は、

90%以上は韓国人または日本人以外の人でした。

 

外国人も、

日本のLCCを利用しているんですね。

 

今回は、

友人たちも誘ったのですが、

皆さん都合がつかず、

残念ながら、

ツアーメイトは彼女だけでした。

f:id:sawasdeekhrap:20151105015228j:plain