Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

パワーウインドウ スイッチ

日本のあれこれ 日本のあれこれ-車

 

車の運転席側の、

パワーウインドウのスイッチが、

壊れてしまいました。

 

どうやら、

プラスチックの部品が、

中で折れてしまったようです。

 

開け閉めがまったくできないわけではないのですが、

ある時突然ご機嫌斜めになって、

開けたはよいが閉められない、

ということがこれまで何度もありました。

 

それで、

梅雨のこの時期は、

運転席側の窓を開けないようにしていました。

 

窓が閉まらなくなった時に、

雨が降ってきたら悲惨ですから。

 

ということで、

パワーウインドウスイッチを交換すべく、

オークションサイトで、

スイッチのキットを落札しました。

 

どうやったら交換できるか、

車に詳しい友人に教えてもらったので、

いよいよ、

挑戦したいと思います。

 

まず、

オークションで落とした部品がこちら。

 

中古ですが、

きれいにしてあります。

 

しかし、

助手席側のスイッチのところに、

亀裂を発見。

 

むぅ。

これが、

オークションの怖いところですよね。

 

ただ、

完全に折れてしまっているわけではなく、

作動は問題ありません。

 

助手席の窓は、

助手席側のドアのスイッチで、

開け閉めできますしね。

 

オークションですから、

ノークレーム・ノーリターンが原則でしょうし、

いろいろとめんどくさいので、

接着剤で補強して、

このまま使うことにします。

 

こちらが、

運転席側のドアです。

 

まず、

見えるところについているネジをはずします。

 

次に、

ドアのとってのところにあるネジをはずします。

 

次に、

ドアのカギの部品を外します。

 

これで、

ドアの内張りを外す準備は完了。

 

内張りは、

ドアの下と脇の所から引っ張るようにはがすと、

あっけなく外れました。

 

パワーウインドウのスイッチは、

ドアの内側から伸びるコードにカプラーでつながっていました。

それも外します。

 

古い型の軽自動車なので、

作りがちゃちいですねー

 

次に、

内張りにネジ止めされている、

パワーウインドウスイッチが埋め込まれているアームレストを外します。

これまたあっけなく外れますねー

 

外したアームレストは、

真ん中のところで分かれるようになっているので、

そこも外します。

 

アームレストの上側に、

裏側からスイッチがくっついていましたので、

それも外します。

 

取り出した部品はこちら。

 

ばっちいですねー

中でプラスチックの部品が割れて、

スイッチがもげていました。

 

この部品を、

新しい部品に交換して、

後は外した順番に組み直して、

見事に完成!

 

テストしてみます。

 

http://www.youtube.com/watch?v=HgzB1x1bFiU

 

自転車のパンク直しより、

短い時間でできました。

 

苦労するかなーと思ってましたが。

 

内張りが簡単に外せることが分かったので、

今度は、

助手席側のスピーカーも交換しようかな。

 

もうコーン紙が割れているみたいで、

音量を上げるとぜんぜん音声が聞き取れない感じなので。

 

古い車なので、

いろいろと手直しが必要ですねー