パンク修理

自転車のタイヤのパンクを直しました。

 

昨日の朝、

仕事に行く前に、

タイヤに空気を入れたのですが、

帰りに乗った時は、

もう甘くなっていました。

(ん、甘くなるって方言か?空気圧が低いという意味)

 

それで、

今朝もう一度空気を入れて、

仕事に行きました。

 

帰りに、

駅の近くの駐輪場で自転車にまたがったら、

乗った瞬間に、

「パンクだな」

と分かるくらい、

空気が抜けていました。

 

ただ、

完全にフラットになるというほどではなかったので、

駐輪場の管理の人に空気入れを借り、

パンパンに入れました。

 

それで、

とりあえず家までは、

何とか普通に乗って帰れました。

 

それで、

お昼を食べた後、

久しぶりにパンク修理をしました。

 

以前に買った、

パンク修理セットを準備します。

 

中身はこんな感じ。

 

虫ゴムを取り替えましたが、

やはり空気が抜けるので、

パンクしているようです。

 

まず、

バルブを分解します。

 

そして、

タイヤをはずして中のチューブを取り出します。

 

空気入れで空気を入れて、

パンクしているところを探します。

 

ありましたー

 

空気を抜いて、

穴の周りをサンドペーパーでこすります。

 

そして、

ゴムのりを塗って‥‥

 

むむむ、

カメラのバッテリー切れ!

 

残念!

 

ということで、

後は文面で。

 

ゴムのりを塗って乾くまで待って、

それからゴムのパッチを貼ります。

 

ハンマーの柄の部分でしっかり圧着して、

もう一度チューブに空気を入れて、

空気の漏れがないかを確認します。

 

そうしたら、

もう一箇所同じような穴が開いていたのを発見しました。

 

同じような小さな穴で、

同じように横面にあいているんですよねー

 

ちょっと変な感じがします。

 

まあ、

そのあたりは深く考えず、

とりあえず、

パンク修理は完了。

 

さて、

これで、

明日も駅まで自転車通勤ですねー

 

あと、

もう1つ直さなければならないものがあるのですが、

さてさてどうしよう。。。