6年前

6年前まで住んでいた近所を、

ちょっとネットで調べてみました。

 

その頃は、

大阪府と和歌山県の府県境の市に住んでいました。

 

そこは、

関空が見える海沿いの街で、

内陸育ちの私には、

とても印象深い所でした。

 

その市には、

山を削って作ったニュータウンの一番上に、

海まで見下ろせる宿泊施設がありました。

 

その市に住んでいる間は、

そんなご近所でわざわざ泊まる必要はありませんから、

そこに泊まったことはありませんでした。

 

ただ、

この秋にも、

関空から飛行機に乗る計画を立てているので、

この際に泊まってみようかなと思って、

ネットで探してみました。

 

しかし。

うろ覚えだった名前を入力して検索しても、

それというサイトが出てきません。

 

名前が間違っていたかと思い、

グーグルマップで現地を探してみたところ、

名前が変わっていました。

 

そして、

その名前で検索したところ、

なんとそこは、

高齢者向け長期滞在型の宿泊施設になっていました。

 

あらー

 

昔は確か、

国民年金の保養施設だったと思ったのですが。

 

まあ言われてみれば、

だれが利用するんだろうと思うような、

お役所が作りそうな施設だったといえば、

そうだったかもしれませんね。

 

しかし、

自分が泊まろうかなと思ったところが、

老人向けの施設になっていたというのは、

なかなかショックでした。

 

6年の月日が流れると、

いろいろなものが変わるんですねー

 

いやはや驚きました。