階段掃除

今度の日曜日は、

団地の清掃の日です。

 

ところが、

あいにくその日は、

前日から泊りがけで出かける用事があり、

清掃に参加することができません。

 

基本的に、

各部屋から1人の代表者が、

団地の清掃に参加することになっています。

 

では、

出れない人はどうするか?

 

私たちの班では、

出られない人は、

団地の階段を掃除する、

というルールになっています。

 

ということで、

5階から1階まで、

掃き掃除をしてきました。

 

これが、

結構大変です。

 

年配の人が多いからでしょうか、

どの家も、

自分の玄関の前や、

階段の共用部分を掃除する人がいません。

 

ですから、

結構ごみがたまっています。

 

木の葉や砂などが、

隅っこのところに固まっています。

 

普通に清掃に出れれば、

ものの15分くらいで終わってしまうのですが、

階段掃除は、

なんだかんだで40分くらいかかりましたね。

 

若干、

ペナルティーの要素の含まれている感じがする、

この「階段掃除ルール」。

 

まあ、

5階に住む私は、

毎日1階から5階まで、

全部の階段を使わせてもらっているので、

この機会に、

ささやかな感謝のつもりで、

きれいにしてきました。

 

コンクリートの階段ですが、

掃除した後は、

心なしか掃き目がついたようで、

掃き清められた感じがします。

 

なんとなく気持ちがいいです。

 

ちょっとした掃除で、

環境を整えるというのは、

やはり大切ですね。

 

背筋がぴんとするというか、

心が落ち着くというか、

そんな気持ちになります。

 

こういうところを心地よく感じるというのは、

日本人らしいところなんでしょうか。