パワーウインドウ

車の窓は、

今時パワーウインドウが当たり前になりました。

 

私の車も、

パワーウインドウなのですが、

昨日の朝、

車で出かけた時に、

調子が悪くなりました。

 

朝から気温が上がっていたので、

窓を開けて走っていたのですが、

大きな道に出て、

スピードが上がってきたので、

窓を閉めようとしました。

 

そうしたら。

 

パワーウインドウのスイッチを引き上げても、

窓が閉まりません。

 

これは厄介なことになりました。

 

何度かスイッチを動かして、

窓を開け閉めするのを試みましたが、

一番下まで窓が開いたまま、

まったく閉まらなくなりました。

 

えーーー

 

こうなると、

本当にあせりますね。

 

他の窓は、

まったく不具合なく開け閉めができます。

 

ちょっと様子を見ようと、

そのまましばらく走り、

またスイッチを動かしてみましたが、

やはり、

窓は、

うんともすんとも言いません。

 

妻は、

助手席でポツリ、

 

「本当に車検が近くなったわね」

 

と言いました。

 

車検では、

こういうところはチェックしないのですが、

そこまでは車の整備の仕組みを知らないのでしょう。

 

または、

「車検がくるから買い替えたら」

という意味でしょうか…

 

もうしばらく走り、

信号で止まった時に、

スイッチを良く見てみました。

 

すると、

運転席側の窓のスイッチを動かした時の感触が、

他の窓のためのスイッチと違うことに気づきました。

 

ちょっとぐらぐらしています。

 

どうやら、

スイッチのプラスチックの部品が中で折れたか、

何かのトラブルを抱えたようです。

 

ということで、

スイッチをちょっと引張り気味にして動かしてみると、

窓が閉まりました!

 

良かったー

 

モーターが壊れたとかという、

致命的な故障ではなかったようです。

 

その後、

窓を完全に閉めた状態で走りました。

 

窓が開かない分には何とかなりますが、

閉まらなくなると困りますから。

 

‥‥と思ってしばらく走ったのですが、

やはり、

暑さには耐えられず、

また窓を開けて走りました。

 

その後、

うまく閉められない時もありましたが、

だんだんコツをつかんで、

開け閉めできるようになりました。

 

それにしても、

一度閉まらなくなった時は、

本当にあせりました。

 

「どうしようー また大きな出費が‥‥」

 

ただ、

走り出してしまうと、

その時の気持ちは、

すぐに忘れてしまうもんですね。

 

大丈夫かなー

 

私の予想通り、

大きな故障ではないといいのですが。

 

もし、

本当に運転席側の窓が開け閉めできなくなると、

かなり不便になるんですけど。。。

 

車が古くなると、

エンジンとかよりも、

こういう部分の調子が悪くなるんですよねー

 

うまく車の機嫌をとって、

もう少しがんばってもらいたいと思います。