Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

雹【ひょう】

日本のあれこれ 日本のあれこれ-出来事

 

今日の午後3時頃、

突然雹が降りました。

 

いやー驚きました。

 

車に乗って移動中だったのですが、

突然バリバリバリという音がして、

何の音かと思ったら、

車の屋根をたたく、

雹の音でした。

 

お昼過ぎまでは、

初夏を思わせる良いお天気で、

公園の木陰にシートを広げて、

みんなでお昼を食べていました。

 

それが、

急に気温が下がって、

雲行きが怪しくなり、

雷を伴う雨となりました。

 

そして、

雹が降りましたー

 

降っていたのは、

多分4,5分だったと思いますが、

何度か波状攻撃で降りましたね。

 

あまりに音がすごいのと、

雨風が激しかったので、

車ごと屋内に非難できる場所を探そうかと思うほどでした。

 

しかし、

雨はほんの短い時間だけで、

4時頃には天気は回復し、

本当に一時的な雷雨でした。

 

それにしても、

自然の持つエネルギーって、

すごいですよね。

 

あれだけの大音量で、

空から氷の粒が降ってくるわけですから、

本当に驚きました。

 

あまりにも突然の天気の変化だったので、

傘を持たずに外に出ていた人もたくさんいたようです。

 

信号待ちで交差点で止まっていると、

前の車の運転席の窓が開き、

運転手さんが、

自分用と思われるビニール傘を、

反対車線を歩いている人に差し出していました。

 

最初は、

歩いていた人は断っていましたが、

あまりにも激しい雨と雹のため、

信号が変わって車が動き出す前に、

深々と御礼をして受け取っていました。

 

ちょっといい光景を見ましたねー

 

まだまだ、

助け合いの精神を忘れない、

美しい日本人気質が残っていることを見て、

うれしくなりました。